爪の変化は何が原因?その(1)





●爪の変化は病気が原因となっていることも

指の先を守っている「爪」。硬さがありますが、皮膚の一部であり、髪の毛と同じ「ケラチン」というたんぱく質からできています。

体全体からみると爪の面積はごくわずかですが、その色や形状などの変化から病気の疑いに気付くことがあります。

たとえば、内臓の機能が低下すると、真っ先に影響を受けるのは体の末端の細い血管です。血流が悪くなることで、爪の色や形に変化がみられることがあります。


●肝機能低下で爪全体が白っぽくなることも

健康な爪は薄いピンク色をしていますが、白色や黄色になったり、茶色や黒っぽい線があらわれたりすることがあります。

爪全体が白っぽくなった場合、肝硬変など、肝機能の低下が原因となっていることがあります。

また、爪の下半分が白く、上半分が茶色っぽくなるのは、腎機能の低下による慢性腎不全の場合も考えられます。

爪が黄色くなったときは、肺の病気や糖尿病、心不全などがある場合があります。

また、爪に茶色や黒っぽい線が入るときは、爪の内側でわずかな出血が起きているかもしれ

このような出血は、感染性心膜炎や糖尿病などで起きやすくなります。


●鉄欠乏性貧血に特徴的な「爪がへこむ」

爪が丸く盛り上がったり、逆に爪が薄くなってへこんだりするなど、変形がみられることもあります。

爪が盛り上がるとともに、指先全体が丸くなった場合(ばち状指)は、肺の病気や肝硬変が疑われます。

これらの変化は、血液循環の低下とむくみによるものです。

逆に、爪がへこむのは、鉄欠乏性貧血でみられる症状といわれています。

これは爪の栄養不足よるもので、慢性胃腸炎などでもみられることがあります。



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。