FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老化を防ぐ抗酸化野菜!!





●老化の一因は活性酸素

しみやしわをはじめとする、さまざまな体の老化トラブルは、活性酸素のしわざによるところが大きいといわれています。

紫外線やたばこ、ストレスなど、活性酸素の“もと"は私たちの周りにたくさん存在します。

活性酸素の害から体を守り、いつまでも若々しさを保つためには、どうしたらいいのでしょう。

活性酸素をやっつけるためには、規則正しい生活をしてストレスをためないなど、ライフスタイルの見直しも必要ですが、抗酸化物質をたっぷりと体内に取り込むことも有効な手段です。


●野菜の色素成分に注目!

抗酸化作用がある栄養素としてビタミンCやEがよく知られていますが、野菜に含まれる色素や香り成分にも、強い抗酸化作用があります。

キャベツのイソチオシアネート、ブロッコリーのクロロフィル、トマトのリコピン、なすのアントシアニン、お茶のカテキン、にんにくの硫化アリル、にんじんのカロテノイドなどです。

ごぼうのアクのもと、クロロゲン酸も抗酸化物質の一つです。


●抗酸化物質の効率的なとり方を知ろう
野菜の抗酸化物質のうち、クロロフィル、リコピンなどは脂溶性なので、油と一緒に調理するとたっぷりとることができます。

ごぼうは切ったあと、アク抜きのために水にさらすことが多いですが、クロロゲン酸は水溶性。抗酸化作用を期待するなら、アク抜きは短時間に抑えましょう。

アントシアニン、カテキン、硫化アリルなども水溶性です。

キャベツや大根に含まれるイソチオシアネートは、細胞が壊れたときに発生します。

熱に弱いので、細かく切ったり、すりおろして生で食べるのがおすすめです。

たくさんの種類の野菜を上手に、たっぷりと食べることは、さまざまな抗酸化物質のほか、食物繊維や各種ビタミンなどの栄養素も摂取することになり、アンチエイジングや健康維持に有効です。

早速今日から、たっぷり野菜の食卓を心がけましょう!



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。