声の「老化」を防ぐ方法は?





●息が「ひだ」のすき間を通ると声になる

若いころに比べると、声がかすれてきた、大きな声が出せなくなった、高い音が出なくなった……これらは「声の老化」の三大症状といわれています。

声の衰えを感じた人は、声帯を守り、鍛えることを心掛けてみましょう。

発声器官である声帯はのどのほぼ中央にある、気道の左右の壁から盛り上がるように出ているやわらかい「ひだ」のことです。

普段、呼吸しているときは声帯のひだは開いていて、声を出すときには閉じます。

肺から出た息は、閉じたひだの間にすき間(声門)を作って通り抜けていきま

このときにひだ、すなわち声帯が振動することで声が出るのです。


●声帯の筋力低下で声が出にくくなる

声帯の構造を知れば、声の老化のしくみが分かりやすくなります。

声帯は筋肉と粘膜、その間のすき間の三層構造になっています。

年をとるにしたがって全身の筋肉が減ってくると、声帯の筋肉もやせて筋力が低下していきます。

すると、左右のひだがしっかり閉じなくなるため、その間を息が通り抜けたときに十分に振動しなくなってしまいます。

その結果、大きな声が出にくくなったり、長く伸びる声などを出しづらくなったりします。

また、声帯の三層のすき間には、肌の保湿成分で知られるヒアルロン酸が入っています

加齢によってヒアルロン酸が減ると、声帯の弾力性も低下して声がかすれやすくなります。


●弾力性の低下で声がかすれやすくなる

声が出にくいと感じるようになったら、両手で壁を押すような踏ん張る態勢から、大きな声で「イーッ」と言ってみると、声帯の筋トレによいといわれています。

暖房で乾きやすい部屋の中では、マスクでのどの乾燥予防を。カラオケをするときなどは、合間に水分をとって声帯の保湿を心掛けましょう。

声帯の粘膜層の機能が低下すると、のどが渇きやすく、痰(たん)が出やすくなります。

声帯の筋トレや保湿で、「若い声」を大切にしましょう。



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男性
血液型 : A型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。