冬の乾燥からお肌を守ろう!





●冬は肌を守る皮脂膜の再生に時間がかかる

空気が冷たく乾燥した冬は、お肌のトラブルが生じやすい季節です。

私たちの肌は、表面を皮脂と汗が混じった皮脂膜に覆われ、潤いを保っています。皮脂膜は入浴や水仕事などの際に流れ落ちますが、通常はすぐに再生します。

しかし、冬は皮脂や汗の分泌が少なくなり、皮脂膜の再生までに時間がかかるうえ、冷たく乾燥した外気や暖房などによって、肌が乾燥しやすいのです。

肌の乾燥が進むと、皮脂膜の下の角質層の細胞間にある水分が失われます。

そして、外部からの刺激物が細胞のすき間から入りやすくなり、肌荒れやかゆみが引き起こされるのです。


●熱いお湯は必要な皮脂まで落ちやすい

普段の生活の中で肌の乾燥を防ぐためには、次のことに気を付けてください。

入浴の際は、38-40℃のぬるめのお湯につかるようにしましょう。

熱いお湯は皮脂が落ちやすく、肌を守るために必要な皮脂分まで失われやすくなります。

顔や体をゴシゴシこすることや、石けんやボディシャンプーの使い過ぎも、肌への刺激になるので気をつけましょう。

水仕事の際にも熱いお湯を使うのは避け、ゴム手袋をつける、食器洗い洗剤を薄めて使う、といった工夫をしてみましょう。


●肌を「濡れっぱなし」にしない

肌の表面が濡れたままだと、水分が蒸発する際に肌の水分まで奪われ、乾燥が進んでしまいます。

手洗いや水仕事、入浴などの後には、水気が残らないようにしっかりとふき取ってください。

その後は、こまめに保湿剤を使う習慣をつけるようにしましょう。

部屋で暖房を使う際は、乾いた温風が直接肌に当たらないようにするとともに、加湿器などを使用して室内の湿度を60%前後に保ちましょう。



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。