体の老化を防ぐ抗酸化ビタミンを含む食品&補給のコツ





●活性酸素が体を酸化=老化させる

呼吸などで体内に取り込んだ酸素は、エネルギーをつくり出しながら「活性酸素」を発生させています。

活性酸素は電子の数が奇数の物質。通常、電子は2個ずつペアになって安定するので、活性酸素は電子をほかの物質から奪おうとします。これを「酸化」といいます。

体内で酸化が進むと、皮膚ならしみやそばかすができたり、細胞や血液にダメージを与えます。

例えば動脈硬化の一因である酸化変性LDL はLDL-コレステロールが酸化したものです。

活性酸素の発生は、紫外線や排気ガス、喫煙、ストレス、食品添加物などと大きくかかわっています。

ですから私たちの環境を考えると、健康な体を保つためには、活性酸素に打ち勝つ「抗酸化物質」を積極的に体内に取り込む必要があるのです。


●ビタミンEやカロテンはいためると吸収率が高まる

抗酸化物質の代表格は「抗酸化ビタミン」です。主なものにビタミンC・E、カロテンやセレニウムなどがあります。

それらを含む食品と、効率的な体に取り入れるコツは――。

緑黄色野菜や果物などに多く含まれるビタミンCは熱に弱いため、生のままやジュースにするとよいでしょう。

下ごしらえに電子レンジなど使うと栄養の損失を防げます。

種実類や緑黄色野菜、植物性油などに多く含まれるビタミンE、トマトやにんじんなどの緑黄色野菜に多く含まれるカロテンは、いためたり、揚げたりして油と一緒に調理すると、体内での吸収率が高まります。

ただし食べすぎは、油のとりすぎにつながるのでほどほどに。

魚介類や牛肉、玄米などに多く含まれるセルニウムは、ビタミンEと一緒にとると抗酸化作用が高まります。



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。