海外での下痢を防ぐために―現地での飲食のポイント





●2人に1人は海外旅行で下痢をする

夏休みに海外旅行を計画している人も多いことでしょう。

現地で体調を崩してしまっては、せっかくの旅行が台無しですから、体調管理には十分に注意したいものです。

海外旅行者の病気で最も多いのは下痢です。半数以上の人が、旅行先へ到着してから5日以内に下痢をするといわれています。

下痢の原因はさまざまで、疲労やストレスによるもの、慣れない水や食事によるもの(ミネラル分の多い水、香辛料の強い料理など)、ウイルスや細菌などの感染症によるものなどがあります。

感染症の主な感染源は、原因菌に汚染された食べ物や水です。

感染リスクは渡航先によって異なりますが、アフリカや南アメリカ、中東、アジアなどの発展途上国は、リスクが高い地域とされています。このような地域に旅行する人はとくに、現地での飲食に気をつけましょう。


●生水・生ものは厳禁

衛生状態の悪い地域では、生水や生ものを口にすることは厳禁です。

水はできれば市販のボトル入りのものを。水道水は飲む前に沸騰させてください。

見落としがちですが、飲み物に入った氷は生水で作られている可能性があるので要注意です。

食べ物は完全に火が通ったものを。ただし、調理されていても、時間がたった保存状態の悪い料理は避けたほうが安心です。

生水で洗われているかもしれない生野菜や皮をむいたフルーツ、また、殺菌されているかどうかわからない乳製品なども食べないようにしましょう。

そして、飲食の前には石けんで手洗いを忘れないこと。それがない場合は、アルコールハンドジェル(アルコール分60%以上)の準備を。

それでも下痢をしてしまったときは、十分な水分補給を心がけましょう。たいていは数日で治まりますが、帰国してからも下痢が続く場合は医療機関の受診を。

帰国後に下痢が始まる場合もあります。その場合、受診時に海外へ行っていたことを忘れずに伝えましょう



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。