薬の効果を引き出す正しい使い方





★服用するタイミングや服用法を守る

病気やけがの治療に使われる薬は、正しく使われてこそ効果が期待できます。
その反面、使い方を誤ると、危険があるという側面も持っています。
薬との正しいつき合い方を知っておくことは、健康を取り戻すために重要です。

(1) いつ服用するか
処方薬でも市販薬でも、説明書の注意を守ることが基本中の基本。
そのひとつが服用のタイミング。「食前」は食事の約30分前。「食直前」は食事の前5分前後。「食後」は食後約30分以内。「食間」は食事中ではなく、前の食事と次の食事の間。「就寝前」は就寝約30分前。
「頓服(とんぷく)」は食事と関係なく、症状が起こったときに使います。

(2) 水か白湯で服用する
薬は十分な量の水か白湯で服用します。水不要のタイプもありますが、それ以外は水なしで飲もうとすると、薬がのどや食道に貼りついて、炎症が起こることも。また、ジュースやお茶、牛乳、アルコールなどで服用すると、薬との相互作用で悪影響が出ることがあるので避けましょう。

(3) 服用し忘れたら
薬の種類によって、服用回数や間隔、食事とのタイミングなどが効果に影響することがあります。
薬を服用し忘れてしまった場合の対応策を、事前に医師や薬剤師に確認しておきましょう。


★かかりつけ薬局やお薬手帳を活用する

(1) 副作用が起こることも
処方薬でも市販薬でも、薬では副作用が起こる可能性があります。服用したあとに発疹、かゆみ、体調の悪化などがあったら、薬を使うのをやめて、すぐに医師や薬剤師に相談をしてください。

(2) 飲み合わせに注意
別の薬やサプリメント、飲食物などと一緒に服用すると、薬の効果が強まったり弱まったりするなど、思わぬ作用があらわれることがあります。
これを防ぐには、薬局をかかりつけの1カ所に決め、お薬手帳も1冊にまとめて、薬を購入するときには必ず提示して薬剤師にチェックしてもらうとよいでしょう。



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。