食欲の秋! 食べて健康に・・・(2)





●魚介類の摂取量は低迷が続く

秋はサンマをはじめとして、さまざまな魚が旬を迎えます。

食欲の秋に旬を味わうなどで、魚料理を増やすことを意識してみましょう。


サンマに限らず、日本人の魚の摂取量はじりじりと減り続けています。

減り続けてきた魚介類の摂取量と、増え続けてきた肉類の摂取量は2006-2008年にほぼ同じになり、2009年以降は魚介類のほうが少ない状態が続いているのです。

肉類の脂はとり過ぎると健康によくない影響を及ぼす恐れがあるのに対して、魚介類の脂は健康づくりによいことが分かっています。


●「旬」や「色」に注目して魚を増やす

野菜と同じように魚にも、栄養面でも、おいしさでもピークの「旬」があります。

秋はサンマのほか、サバやイワシ、冬はブリ、春はサワラ、初夏にはカツオやアジなどが旬を迎えます。

季節ごとの旬を味わいながら、健康づくりも進めるというのはどうでしょうか。


魚の「色」に着目して、さまざまな魚料理を取り入れてみるのも楽しいものです。

魚の色には、それぞれに健康づくりにつながる意味があります。

サンマやサバなどの青背の魚には、動脈硬化予防によい脂が豊富に含まれ、カツオやマグロなどの赤身の魚は鉄分が豊富で貧血対策によいとされています。

カレイやタラなどの白身の魚は低エネルギーのたんぱく質で、体重コントロールによいとされています。


●焼く・煮るだけでなく調理にひと工夫を

魚料理の人気が今ひとつである理由として、家庭での調理法が、焼くか煮るかのワンパターンになりがちなことが挙げられるかもしれません。

グリルで焼いていた魚をフライパンでムニエルにしてみる、野菜やきのこと一緒にホイル焼きにしてみるなど、いろいろなレシピを参考にひと工夫してみましょう。


外食を含めた食事のとり方では、ランチが肉なら夕飯は魚に、最近の夕飯は肉料理が続いたから今日は魚料理になど、同じものが続かないようにして、栄養バランスを整えるようにしましょう。



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男性
血液型 : A型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。