肩こり解消は正しい姿勢と全身のストレッチで





●猫背やあごを突き出した姿勢を改める

肩のこりを感じても、いつものことだからと放置していると、頭痛の引き金になったり、ボーッとして作業効率が低下したりしかねません。

肩こりを招きやすい姿勢などを理解して、筋トレやストレッチも取り入れて、肩こり解消をめざしましょう。

まず改めたいのは猫背と、それに伴う顔やあごを前に突き出すような姿勢です。

これらは首や肩に無理な負担をかけ、肩こりを招くことになります。

猫背かどうかをチェックするには、壁に背中をつけて立ってみることです。

猫背だと頭が壁につかず、肩のあたりが丸まり、腰が反り返っているのがわかります。


●視力の矯正が合っていないことも原因に

猫背の人は、いつでも「あごを引いて」「背筋を伸ばす」「おなかをへこませる」を意識してみましょう。

立っているときだけでなく、机に向かっているとき、スマホを操作しているとき、そうじをしているとき、食事の用意をしているとき、歩いているときなど、いつでもどこでも意識するようにします。

視力の矯正が合っていないと、PC作業のときなどに画面に近づくために、顔やあごが前に突き出てくるようになります。

眼鏡やコンタクトレンズで、視力を適正に矯正することも、肩こり解消につながります。


●肩周辺の筋トレやストレッチが有効

また、正しい姿勢であっても、同じ姿勢を長時間続けるのはおすすめできません。

こまめに、次のような運動を心がけてみてはどうでしょう。

姿勢や全身の使い方に気をつけると同時に、肩の負担を軽くするために、肩周辺の筋肉を鍛えたり、ストレッチを行うことも重要です。

肩を上げ下げしたり、左右の肩甲骨を近づけたり(胸を張る)、離したり(丸まる)する運動が、肩こり解消に有効です。


以上の「正しい姿勢や体の使い方を心がける」「同じ姿勢を続けないようにする」「肩や背中の筋トレやストレッチ」は、肩こりの改善だけでなく、予防のためにも有効です。


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。