春に増加!有毒植物による食中毒





●新芽が生える4-5月に「誤食」が増加

4-5月は、食用の植物とよく似た有毒植物を誤って食べて起こる食中毒が、1年中で最も多くなる時期です。

過去には死亡例も出ているので油断できません。

新芽の時期は、植物の種類が見分けにくいことが一因とみられています。

間違えやすい組み合わせには、次のようなものがあります。

・×スイセンの葉(有毒)→○ニラの葉(食用)
・×福寿草の芽(有毒)→○ふきのとうの花茎(食用)
・×イヌサフランの葉(有毒)→○ギョウジャニンニクの葉(食用)
・×イヌサフランの球根(有毒)→○ジャガイモ、タマネギ(食用)
・×チョウセンアサガオの葉(有毒)→○モロヘイヤ、アシタバの葉(食用)

11481.jpg


●ニラのつもりでスイセンの葉を……

なかでも毎年、食中毒の報告事例が多いのが、野菜のニラと園芸植物のスイセンの葉を間違えてしまうこと。

スイセンの葉には、猛毒のアルカロイドなどが含まれています。

ニラのつもりで調理して食べてしまうと、食後30分以内に吐き気や嘔吐(おうと)、頭痛、下痢などが起こります。

葉の見た目は似ていますが、ニラには独特の強いにおいがあることが大きな特徴です。

また、スイセンの葉はやや厚みがあって断面はV字型、ニラの葉は薄くて断面は平らです。

これらを、見分けるときのポイントにしてください。


●食用と園芸用とで、植える場所をはっきり分ける

植物を庭や家庭菜園で育てるなら、野菜類と園芸植物を植える場所を、はっきりと区分けする必要があります。

しかし、食べられる植物の近くに、見た目がよく似た有毒の植物が生えてくることもあります。

たとえ食用の区画に生えたものでも、確実な自信が持てないものなら食べないほうがよいでしょう。

これは、野山などで摘んできた山菜についても同様です。

もし、自家製の「野菜(疑わしい植物)」を食べて体調が悪くなったら、すぐに受診してください。

その際、食べた植物を持参すると、原因究明に役立ちます。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスで月収1億円を稼いでいる方法を紹介しています。
実際のどうのようにして月収1億円を稼いでいるのか?
また配当金システムやお金を生み出す仕組みについて完全公開しています。
http://keitasasaki.info/lp/15127/708619



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。