これって「うつ」とは別の病気?





●うつ状態と躁状態を繰り返す双極性障害

いいことがあれば気分が高まり、嫌なことがあれば沈んだ気分になるのは、誰にでもあることです。

気分が落ち込み、何事にも興味がもてない状態が続くと「うつ」を疑うことでしょう。

その後、気分が晴れて、いろいろなことをやってみたくなると、うつから回復したのだろうと期待されます。

しかし、気分が晴れたのは極端な高揚感が続く「躁(そう)」という状態である場合、「双極性障害」の可能性があります。

双極性障害では、自分でコントロールできないうつ状態と躁状態が、繰り返しあらわれるのが特徴です。

11401.jpg


●楽しくがんばれるが、一貫性がない躁状態

躁状態のときは、何をしても楽しく、アイデアも次々に浮かび、ほとんど眠らずに仕事も趣味も自信をもってがんばることができたります。

一方で、言動に一貫性がないためにどれも中途半端になり、金銭トラブルに進むことも。

晴れやかな気持ちでも、ちょっとしたことにイライラしがちで、怒りっぽくなる人もみられます。

また、周囲の人からみると、人が変わったようだとか、人を見下し、攻撃的であるように感じることがあります。

このような状態が1週間以上続き、日常生活に支障が出て入院が必要になると、躁状態とみなされます。

同じような状態でも、入院するほどではない場合は軽躁(けいそう)状態と呼ばれます。


●過去の躁状態もチェックしてみては

双極性障害のうつ状態は、一般的なうつ病とほぼ同じとされ、双極性障害の半数以上はうつ状態から始まるといわれます。

また、躁状態よりもうつ状態の期間のほうが、ずっと長いとされています。

そのため、躁状態を「うつがよくなった」と受け取り、双極性障害としての的確な診断を受け損なう恐れがあります。

双極性障害を見逃さないためには、うつ状態が続いたら、過去に躁状態が続いた時期がなかったかをチェックしてみてはどうでしょう。

この場合、本人だけでは気づきにくいため、家族など周囲の人も一緒に過去から現在の言動を振り返ることが大切です。

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。