糖尿病の怖さは合併症、早期発見が大切





●無症状のまま進行する

糖尿病の怖さは、初期には自覚症状がない点にあります。

幸運にも健診で糖尿病の疑いを指摘されても、無症状なので治療しなかったり、治療を途中で中断しがち。

気づいたときには重い合併症を発症していることが多いのです。

糖尿病は進行すると、血中の糖を排泄するために尿量が増えてのどが渇きます。

また糖がエネルギーにならないので、疲労感、無気力、体重減少が起こります。

さらに、神経が侵されて小さな傷に気づかずに化膿したり、免疫が低下して感染症にかかりやすくなります。

血管も障害を受けます。目の網膜(もうまく)の血管が障害されて網膜症に、腎臓の毛細血管が侵されて腎症に、脳の血管が侵されて脳卒中に、心臓の血管が侵されて心筋梗塞や狭心症に、というように多くの危険にさらされます。

高血糖に高血圧、高脂血症、肥満を合併した状態は「死の四重奏」と呼ばれています。

こうなると動脈硬化が進行して、突然死さえも招いてしまいます。



●75gブドウ糖負荷試験が有効

怖い合併症の発症を避けるには、健診などで早期発見し、予備群の段階から血糖コントロールに配慮することが大切です。

一般的な糖尿病の検査には、空腹時の血糖を測る空腹時血糖、食後の血糖を測る随時血糖、75gのブドウ糖を飲んで2時間後に測る75gブドウ糖負荷試験があります。

血糖の異常はまず食後の高血糖として現れます。

ですから、食後の高血糖を見つけることが早期発見になるのですが、食事内容や経過時間に左右されることもあり、最も有効なのは、75gブドウ糖負荷試験とされています。

家族に糖尿病患者がいる、肥満しているなど糖尿病リスクが高い人には、75gブドウ糖負荷試験をおすすめします。



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。