一見ヘルシーな鍋料理の落とし穴





●鍋料理は意外と高塩分。その理由とは

寒い冬には、温かいものを食べたくなります。

そして、冬の料理の定番といえば鍋料理。

さまざまな種類があって手軽にできるので、「毎日、鍋料理でもいい」という人もいるのではないでしょうか。

しかし、鍋料理では気をつけたいことがあります。

それは「塩分量」。実は鍋料理は、結構な高塩分になりがちです。

たとえばおでんでは、具材の練り製品に塩分が多く含まれているほか、煮汁自体も高塩分です。

おでんに限らず、寄せ鍋やみそ味の鍋など、しょうゆやみそなどの調味料を使った汁にも塩分量が多く含まれます。

では、湯豆腐やしゃぶしゃぶならヘルシーなのでは? ところが、そうとばかりもいえません。

鍋の中の煮汁に塩分が少なくても、つけダレは意外に塩分が多いので、タレをつけ過ぎると高塩分になります。

11324.jpg


●ヘルシーでおいしい鍋料理を工夫しよう

塩分は減らしてヘルシーに、そのうえおいしい鍋料理をつくるには、以下のような工夫をしてみてはどうでしょう。

具材では、練り製品は控えめに。逆に多めに入れたいのは、体内の塩分の排出を促してくれるカリウムが豊富な食材です。

たとえば、昆布などの海藻類やじゃがいも、ほうれんそうなど。

また、きのこ類やトマト、ねぎなど、うまみ成分が多い食材は、薄味でもおいしく食べられます。

煮汁は昆布やかつおぶしのだしを濃くすると、しょうゆやみそなどの調味料が少なめでもおいしく食べられるでしょう。

そして、煮汁の量も少なめに、材料がつかる程度にしてなるべく飲まないようにしましょう。

つけダレもだし汁で割ったり、取り分けてからレモン汁をかけたり、七味やこしょうなど、塩分以外で味にアクセントをつけるとよいでしょう。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスで月収1億円を稼いでいる方法を紹介しています。
実際のどうのようにして月収1億円を稼いでいるのか?
また配当金システムやお金を生み出す仕組みについて完全公開しています。
http://keitasasaki.info/lp/15127/708619



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。