脂質異常判定に追加された新基準





●診断基準にnon-HDLコレステロールを追加

健康診断の血液検査では、コレステロール値や中性脂肪値に異常があると、脂質異常症と診断されます。

脂質異常症は、心筋梗塞や脳卒中などの重い生活習慣病につながりやすいため、早めの治療や生活習慣の改善が大切です。

脂質異常症と判定される従来の基準は、次のいずれかに当てはまった場合です。

・LDLコレステロールが高過ぎる(140mg/dl以上)
・HDLコレステロールが低過ぎる(40mg/dl未満)
・中性脂肪(トリグリセライド)が高過ぎる(150mg/dl以上)

さらに、2017年6月に改訂された「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」では、次の基準値が追加されました。

・non(ノン)-HDLコレステロール(総コレステロール値からHDLコレテロール値を引いた数値)が高過ぎる場合(170mg/dl以上)

11262.jpg


●non-HDLも中性脂肪も高いと心筋梗塞の危険大

大阪府の住民を対象にした大規模調査から、non-HDLコレステロールの数値は、LDLコレステロール値と同じくらい、心筋梗塞のなりやすさの判定に役立つことが明らかになっています。

同じ地域の住民を対象にした別の研究では、non-HDLコレステロールが高いうえに中性脂肪も高いと、心筋梗塞のかかりやすさが、両方とも低い人を基準にして男性で約2.0倍、女性では約3.8倍にもなることがわかっています。


●健診結果から「引き算」をして健康管理に生かす

職場や自治体などの健康診断を受けたら、血液検査の結果をもとに、総コレステロールの数値からHDLコレステロール数値の引き算をしてみましょう。

出てきた答えが、あなたのnon-HDLコレステロール値です。

改訂されたガイドラインでは、non-HDLコレステロール150-169mg/dlは境界型、いわば脂質異常症予備群とされています。

健診をきちんと定期的に受け、遅くともこの段階で気づき、食事や運動、睡眠といった生活習慣を見直しましょう。

健診の数値に関心を払うことが、生活習慣病を防ぐことにつながります。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
 僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスで月収1億円を稼いでいる方法を紹介しています。
実際のどうのようにして月収1億円を稼いでいるのか?
また配当金システムやお金を生み出す仕組みについて完全公開しています。
http://keitasasaki.info/lp/15127/708619







テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。