近視、乱視、老眼どう違う?(1)





●「見えにくさ」のカギは角膜、水晶体、毛様体筋

「見えにくさ」は、現代人が抱えている代表的な健康課題のひとつでしょう。

近視でも乱視でも、そして老視でも、多くの場合「見えにくい」という訴えになります。

老視とは、いわゆる老眼です。

では、それぞれ目のどのような異常が原因になっているのでしょう。

主なカギは、目の黒目部分の表面にある角膜、そのすぐ内側にあってレンズの働きをしている水晶体、そして水晶体の厚さを調節している毛様体筋(もうようたいきん)の3つです。

11252.jpg


●近視・遠視は水晶体の厚さから起こる

外から目に入った光、すなわち見ようとする画像は、角膜や水晶体で調整され(屈折して)、目の奥の網膜上で焦点が合った場合に、きれいに見えることになります。

このとき、網膜より前方で焦点が合ってしまうのが近視、網膜より後方で焦点が合うのが遠視です。

どちらも網膜上では、ぼやけた「見えにくい像」になってしまいます。

近視では水晶体が正常よりも厚く、遠視では薄いために、このような焦点のずれが生じます。

近視では遠方が、遠視では近くが見えづらくなります。


●角膜の形のゆがみから乱視に

一方、乱視で問題になるのは水晶体の厚さではなく、角膜の形状です。正常な角膜は、正面からみると円形をしています。

しかし、乱視では角膜の形がゆがんで、だ円形になり、縦方向(上下)の焦点と横方向(左右)の焦点が一致しなくなってしまいます。

そのため、ぼやけて見える、あるいは二重に見えることになります。


●水晶体を調節する筋肉の衰えで起こる老眼

以上の近視、遠視、乱視はどれも、角膜や水晶体の形状の異常によって起こる屈折異常であり、光を適正な位置で一カ所に集められないことが原因といえます。

これに対して老眼は、老化などから水晶体の厚さを調節する毛様体筋が十分に働かなくなって、遠近にかかわらず見えにくくなります。

それぞれの違いを理解したうえで、「見えにくい」と感じたら、まず眼科医で原因を調べてもらいましょう。

見えにくさにつながるほかの重大な病気がないかも調べてもらい、適切な方法で視力を矯正し、「よく見える」ようにしておきたいものです。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
 僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスで月収1億円を稼いでいる方法を紹介しています。
実際のどうのようにして月収1億円を稼いでいるのか?
また配当金システムやお金を生み出す仕組みについて完全公開しています。
http://keitasasaki.info/lp/15127/708619





テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。