都市部で若い感染者が多い「結核」





●現在でも日本に蔓延している結核

日本ではおよそ50年前まで、結核が死亡原因の第1位を占めていました。

その後の医療の発達や生活水準の向上に伴い、結核患者数・死亡率はともに激減しています。

しかし、結核は決して“昔の病気"ではありません。

2015年の統計では、国内で1日に50人が新たに結核患者となり、5人が結核のために死亡しています(厚生労働省「平成27年結核登録者情報調査年報集計結果」)。

世界的にみれば、結核はエイズやマラリアとともに三大感染症のひとつであり、感染症のなかでは死亡原因の第1位となっています。

11232.jpg


●都市部ほど若い世代の感染が多い

日本は欧米諸国と比べて、結核にかかる人の割合が高いのが現状です。

患者の多くは高齢者ですが、都市部では若い年代での感染・発病が比較的多いことが特徴です。

その背景には、都市部は人口が多く、さまざまな国の人たちが集まることや、換気が悪い生活環境が多いことなどから、結核感染のリスクが高くなることがある、といわれています。

結核は、患者の咳などによって飛び散り、空気中に浮遊している結核菌を吸い込むことで感染します。

ただし、結核菌を吸い込んだとしても、すべての人が発症するわけではありません。

ほとんどの場合、結核菌は体外に排出されます。

結核菌に感染しても発症しないこともあり、発症するのは感染した人の約1割とみられています。


●咳や痰、微熱が2週間以上続いたら要注意

結核の初期症状は、咳、痰、発熱など、風邪の症状に似ているため見過ごされがちです。

しかし、病気が進行すると、血痰や胸痛のほか全身倦怠感や体重減少などがあらわれます。

咳、痰、微熱が2週間以上続くときは、放置せずに呼吸器内科を受診しましょう。

結核と診断されたら、複数の抗結核薬による治療を、最低6カ月は続けることになります。

この場合、咳などの症状が消えても、きちんと薬の服用期間を守り、治療を続けることが大切です。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
 僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスについて解説しています。
【初期費用0円で、再現性120%の最新ビジネス登場!】
ネットビジネスをするなら、まずここから始めよう!
こちらにメールアドレスを登録して、完全無料の動画とノウハウを見てください。
http://keitasasaki.info/lp/8953/708619



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。