糖質に注目してやせやすい体に!(1)





●糖質過多で内臓脂肪の蓄積から健康トラブルも

「ダイエット後に、すぐリバウンドした」「食事量を減らすダイエットは長続きせず、いつも挫折してしまう」などの悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。

適正体重を健康的に維持することは、なかなか難しいようです。

そこで、太りにくく、やせやすい体をつくるメカニズムから、どんな食べ方がよいのかを考えてみましょう。

少し前までは、ダイエットでは食事のカロリー(エネルギー量)が重視されていましたが、近年、注目されているのは“糖質"に着目した食べ方です。

糖質は私たちが活動するエネルギー源となる一方、とり過ぎると内臓脂肪の蓄積からさまざまな健康トラブルのもとになります。

11213.jpg


●極端な糖質制限は健康に悪影響も

ダイエットに興味がある人なら、「糖質制限ダイエット」という言葉を一度は見聞きしたことがあるのでは?

一般に、糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたものをいいます。

糖質制限ダイエットは、糖質の摂取のみを制限し、たんぱく質や脂質は制限しないというダイエット法です。

面倒なカロリー計算の必要がなく、満腹感も得られやすいことから人気のようです。

ただし、肝臓、膵臓、代謝異常などの病気がある人では、糖質制限ダイエットは危険を伴うことがあるので、避けましょう。

また、糖尿病などの生活習慣病で治療中の人も、医師との相談が必要です。


●ゆるやかな糖質制限で健康ダイエット

そこで、登場したのがゆるやかな糖質制限です。糖質をまったくとらないのでなく、低糖質に抑えようというわけです。

具体的には、1食当たりの糖質量を20-40gに抑えます。

なお、糖質は主食だけでなく、野菜や調味料、アルコールにも含まれます。

1食の糖質量の目安は、主食で20g、おかずで20gと考えるとよいでしょう。

たとえば、糖質20gの主食とは「ご飯約半膳」「食パン8枚切り1枚」「うどん(半玉弱)」「スパゲッティ30g(乾麺)」ほどになります。

さらに、糖質の多い野菜(根菜やかぼちゃ、大豆以外の豆類など)や果物、調味料(砂糖、みりん、ケチャップなど)、アルコール(ビール、日本酒など)も控えめにしましょう。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
 僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスについて解説しています。
【初期費用0円で、再現性120%の最新ビジネス登場!】
ネットビジネスをするなら、まずここから始めよう!
こちらにメールアドレスを登録して、完全無料の動画とノウハウを見てください。
http://keitasasaki.info/lp/8953/708619



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。