筋肉痛は「冷やす」or「温める」?





●傷ついた筋肉を修復する反応で痛む

普段あまり運動をしない人が、たまに体を思い切り動かしたりすると、あとから筋肉痛に見舞われることになります。

運動を習慣にしている人でも、いつもと違う激しい動きや不慣れな筋力トレーニングをすれば、やはり筋肉痛は免れません。

筋肉に強い負荷がかかると、筋肉を構成している線維(筋線維)に小さな傷ができます。

それを修復するために白血球などの血液成分が集まってくると、炎症や腫れなどの免疫反応が起きます。

このときにつくられる刺激物質が、筋肉を包んでいる筋膜を刺激して、筋肉痛が起こると考えられています。

11210.jpg


●患部が熱っぽい、腫れているなら冷やす

筋肉痛が起きた場合、痛みをやわらげるために患部をまず冷やしてみようというのが一般的な発想でしょう。

一方で、温めて血行をよくしたほうが治りが早そう、という発想も出てきそうです。

「冷」と「温」、その使い分けについて考えてみましょう。

患部を冷やすのは、主に炎症を抑えることが目的です。

炎症が強い場合は、患部が熱っぽくなったり腫れたりします。

こんなときは氷や冷湿布で、まずは20分ほど冷やしましょう。

あまり長く冷やし続けると、その後の回復が遅れることがあります。

kinnikutuu.jpg


●熱感がなければ、温かくして血行をよくする

一方、患部に炎症があったとしても痛みがそれほど強くなく、熱感もなければ、39℃前後のぬるめの湯にゆったりつかって血行を促したり、ストレッチをして運動で収縮した筋肉を伸ばすとよいでしょう。

ストレッチは運動前にも行っておくと、運動後の痛みを軽くして回復を早める効果が期待できるようです。

筋肉痛が出たら体を動かすのがつらいかもしれませんが、散歩や体操など、できる範囲で軽い運動を行ったほうが、回復が早くなるという指摘もあります。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
 僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスについて解説しています。
【初期費用0円で、再現性120%の最新ビジネス登場!】
ネットビジネスをするなら、まずここから始めよう!
こちらにメールアドレスを登録して、完全無料の動画とノウハウを見てください。
http://keitasasaki.info/lp/8953/708619



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。