家族で要警戒「溶連菌感染症」





●全身に赤い発疹があらわれることも

子どもに多い感染症に「溶連菌感染症」があります。

原因となるA群溶血性連鎖球菌は、顕微鏡で観察すると鎖が連なったような形をしていて、さまざまな感染症を引き起こします。

患者の中心は4歳~6歳の子どもで、3歳以下や大人は多くありません。

最も多くみられるのは咽頭炎で、突然の発熱(38.5℃以上)と全身の倦怠感(けんたいかん)、のどやリンパ節の腫れと痛みが主な症状です。

5-10歳くらいの場合、発熱やのどの痛みとともに、舌がイチゴのように赤く腫れ、全身に赤い発疹があらわれる「猩紅熱(しょうこうねつ)」もよくみられます。

11182.jpg


●患者の咳のしぶきや接触で感染

溶連菌感染症は、患者の咳などで飛び散ったしぶきに含まれる菌や、患者との接触によって感染が広がります。

そのため、接触の機会が多い家庭内での感染や、学校などでの集団感染が少なくありません。

今のところ、予防接種などの有効な予防法はなく、予防のためには、一般的な感染症の予防法である手洗いを普段からしっかり行うことが大切といわれています。

溶連菌感染症には抗菌薬による早期の治療が有効とされており、その場合、医師から指示された期間、きちんと薬を飲み続ける必要があります。


●大人の患者が多い劇症型は致死率が高い

溶連菌感染症には、劇症型溶連菌感染症というタイプもあり、患者は30歳以上の大人が多いことが特徴です。

発症すると致死率が高く、近年増加傾向にあるとして警戒感が高まっています。

主な原因菌はやはりA群溶血性連鎖球菌ですが、突然あらわれる手足の疼痛や腫れ、発熱、血圧低下などの初期症状から、非常に急激に悪化するといわれています。

そして、筋肉や皮膚などの軟部組織の壊死(えし)や急性腎不全、多臓器不全などが引き起こされ、死に至ることも少なくありません。

治療には抗菌薬や免疫グロブリン製剤などが使われます。また、大量の輸液や壊死した組織の切除なども必要で、一刻も早い治療が求められます。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
 僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスについて解説しています。
【初期費用0円で、再現性120%の最新ビジネス登場!】
ネットビジネスをするなら、まずここから始めよう!
こちらにメールアドレスを登録して、完全無料の動画とノウハウを見てください。
http://keitasasaki.info/lp/8953/708619




テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男性
血液型 : A型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。