FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂肪は動物性、植物性をバランスよく






●体によいが酸化しやすい魚油や植物油

体内の活性酸素の除去を考えるときに、注意したいのが脂肪です。

脂肪には、肉類に多い飽和脂肪酸と、魚油や植物油に多い不飽和脂肪酸とがあります。

このうち、不飽和脂肪酸は体によいといわれ、なるべく不飽和脂肪酸をとることが求められています。

ところが、最近、不飽和脂肪酸にも作用の違いがあることがはっきりしてきました。

不飽和脂肪酸には、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があります。

前者の代表はオレイン酸でオリーブオイルやキャノーラ油に多く、これは、ほかの油が善玉コレステロールを減らす中、善玉コレステロールを下げない性質があり、健康維持に効果的といわれます。

一方、後者の代表はリノール酸で、ごま油や大豆油などに多く含まれ、さらにいわしやさば、さんまなどに多いEPAや、かつおやまぐろに多く含まれるDHAもリノール酸の一種です。


これらの食品は、ビタミンEなどの抗酸化物質も多く含まれ、健康には有効なのですが、残念ながら酸化に弱いのです。

ちょっと時間を置くとすぐに酸化し、この酸化したものを口にすれば、活性酸素が発生する原因にもなるのです。



●酸化しにくい動植物性や一価不飽和脂肪酸

「酸化」という活性酸素の害から考えると、肉類に多い飽和脂肪酸は動脈硬化を促すなどのデメリットがありますが酸化しにくいというプラス面があり、また、一価不飽和脂肪酸も酸化しにくいという同じくプラス面があります。

ところが、健康効果の多い多価不飽和脂肪酸は酸化しやすいというマイナス面があります。

そこで、「脂肪はバランスよくとる」ということが強調されるようになりました。

つまり、飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸の割合は3対4対3の割合で摂取するのが理想とされています。


脂肪のとり方を見直しましょう。




コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。