寝苦しさを解消─夏の快眠のコツ





●寝具と寝間着は素材選びがポイント

暑さが厳しくなるにつれ、「眠れない」と訴える人が増えてきます。

「眠りたいのに眠れない…」と困らないように、暑い夏の夜でもぐっすり眠るためのコツを覚えておきましょう。

まず寝具の素材は、吸湿性と放湿性に優れ、肌触りがやわらかいものを選びます。綿や麻、ガーゼ地のほか、通気性のよいワッフル織りもおすすめです。

敷き寝具には、吸・放湿性の高い素材の敷きパッドを追加すると、寝床にこもる熱や湿気を放出してくれます。

寝間着は、汗が乾きやすい綿や麻の薄手の素材を。寝具や寝間着は、こまめに洗濯することも大切です。

11132.jpg


●直射日光を防ぎ、扇風機併用で効率的に冷やす

次に、寝室の環境について。

日中、部屋に暑さをため込まないよう、窓にすだれをかけるなどして、できるだけ直射日光を防ぎます。帰宅後は換気をして、こもった熱気を追い出しましょう。

就寝時は、保冷剤や氷枕で首筋や頭部を冷やすと寝つきやすくなることがあります。

眠るのに快適な室温は、真夏なら26-28℃くらいといわれています。

エアコンを使う場合は、温度計を使い、室温で27℃くらいを目安に設定温度を調整しましょう。

扇風機を併用して天井や壁に向けて風を送れば、冷気を循環させて部屋を均一に冷やせます。


●夕食は眠る3時間前までに、入浴はぬるめのお湯につかる

このほか、夕食は眠る3時間前までに済ませる、就寝前はテレビの画面などの強い光を見つめない、といった配慮も大切です。

夏のお風呂はシャワーで済ませがちですが、38-39℃くらいのぬるめの湯につかるのがおすすめです。

眠る2時間前くらいまでに入浴して、体の深部体温を上げておくと、下がってくるころに眠気が強まるため、深い眠りを得やすくなると考えられています。

心地よく眠れる環境を整えて、元気に夏を過ごしましょう。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
 僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m





テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。