要注意! 危険な夏の虫刺され





●「刺す」「かむ」「吸血する」虫たちに注意

夏は虫刺されに悩まされる季節。

海や山などに出かける機会も多くなりますので、虫刺され対策を万全にしておきたいものです。

ひと口に虫刺されといっても、虫の種類によって、かゆみや腫れ、痛みなどのように症状が異なります。

ハチなどの「刺す虫」、クモやムカデなどの「かむ虫」、蚊やブユ、アブといった「吸血する虫」のほか、有毒の毛虫やクモなどもいます。

多くの場合、これらの虫に刺されても命にかかわることはないので、症状が軽ければ、患部を冷やしたり、市販の虫刺されの薬を塗れば軽快していきます。

しかし、注意が必要な場合もあります。

11131.jpg


●ハチ刺されによるアレルギーは危険

ひとつは、夏から秋にかけて活動が活発になるハチ。

過去にハチに刺されたことがある人は、再び刺されたときに、アナフィラキシーショックと呼ばれる激しいアレルギー症状があらわれることがあります。

呼吸困難や血圧の低下などが起こって命にかかわる恐れもあるので、ハチに刺された後、異常に気づいたらすぐに救急車を呼びましょう。

過去にハチに刺されたことがある人や、アレルギー疾患がある人は、アナフィラキシー症状を一時的に緩和するエピペン(アドレナリン自己注射薬)を携帯することがすすめられます。

また、蚊は日本脳炎などの感染症を媒介します。海外では、デング熱やジカ熱の流行が問題となっています。

とくにジカ熱は妊婦が感染すると胎児に障害が起こる危険があるため、流行地域への渡航に注意しましょう。


●野外ではできるだけ肌を露出しないこと

虫がいそうな野外に出かけるときは、できるだけ肌を露出しない服装を心がけ、防虫スプレーや携帯蚊取り器などを利用して、虫に刺されない工夫を心がけてください。

子どもたちには、むやみに毛虫やクモなどに触れないように注意をしておくとよいでしょう。

室内の虫対策には、市販の殺虫剤やくん煙殺虫剤なども有効です。室内で刺されることが多いときは、これらの製品の説明をよく読んで利用してみてください。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
 僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m




テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。