親から子に伝わる「遺伝性乳がん」の可能性(1)





●親子で遺伝子変異が伝わる確率は50%

2013年に米国の女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がん予防のために乳房切除手術を受けたと公表したことで、遺伝性乳がんへの関心が高まりました。

日本人の乳がんのうち、遺伝性と見られるのは5-10%で、乳がんを発症しやすい体質を受け継いでいると考えられています。

これまでのところ、遺伝性乳がんに関係する遺伝子として、BRCA1とBRCA2が見つかっています。

2つの遺伝子のどちらかに変異があると、変異がない人よりも乳がんを発症するリスクが非常に高くなります。

この遺伝子変異は、性別に関係なく50%の確率で親から子どもへ受け継がれます。

遺伝性乳がんは、一般的な乳がんよりも発症年齢が若い、両側の乳房に発生しやすい、卵巣がんにもなりやすい、などの特徴が見られます。

10499.jpg


●血縁者に同じ遺伝子変異が見つかれば遺伝性の疑いが

血縁者に乳がん患者が多くいる人ほど、また、患者との血縁関係が近い人ほど、乳がんを発症するリスクが高いことがわかっています。

ただし、血縁者に乳がんを発症した人が多くいたとしても、医学的には遺伝性といえない場合もあります。

遺伝性かどうかは、BRCA1やBRCA2を調べる遺伝子検査でわかります。

検査の結果、遺伝子変異が見つかり、さらに血縁者にも同じ遺伝子変異が見つかった場合は、遺伝性が考えられます。


●50歳以下での乳がん発症は遺伝性の可能性あり

日本乳癌学会の診療ガイドラインによると、次の項目が一つでも該当する場合は、遺伝性乳がんの可能性があるとされています。

・50歳以下で乳がんを発症
・トリプルネガティブ乳がん(2種類の女性ホルモンの受容体と、HER2というたんぱく質の受容体がない)
・1人で複数の乳がんを発症
・50歳以下で乳がんになった近親者がいる
・卵巣がんになった近親者がいる
・乳がんあるいは膵がんになった近親者が複数いる
・乳がんに膵がんなど特定のがんを併発した家族がいる
・卵巣がん、卵管がん、腹膜がんを発症
・男性で乳がんを発症

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
 僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
  ↓
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
  ↓
@uts1493m




テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。