コーヒーや緑茶で死亡リスクが低下





●コーヒーを1日3-4杯飲む人は、死亡リスクが24%低下

全国の40-69歳の男女約9万人を対象に、約19年にわたり追跡調査を行ったところ、コーヒーや緑茶には、死亡リスクを下げる効果があることがわかりました(国立がん研究センター 多目的コホート研究「緑茶と死亡・死因別死亡、コーヒーと死亡・死因別死亡について」)。

研究チームの報告によると、コーヒーを1日3-4杯飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて死亡リスクが24%低下。死因別では、がんとの関連は見られませんでしたが、心臓、脳血管、呼吸器の病気による死亡リスクは、1日3-4杯飲む人で、それぞれ40%前後低くなっていました。

一方、緑茶は、1日1杯未満の人と比べると、1日5杯以上飲む人の死亡リスクは、男性で13%、女性で17%低くなっています。

また、男性では脳血管と呼吸器の病気で、女性では心臓の病気で、緑茶の摂取量が増えるにつれ、死亡リスクが低下する傾向が見られました。

11.jpg


●血糖値や血圧を改善する成分などが影響か

コーヒーの苦みのもととなるクロロゲン酸は、ポリフェノールの一種です。

すぐれた抗酸化作用のほか、糖の吸収を抑えて血糖値を改善したり、血圧を調整する効果などがあることがわかっています。

緑茶の渋みのもととなるカテキンも、ポリフェノールの一種。

高い抗酸化作用を持つほか、血圧や体脂肪、脂質を調整するうえ、血糖値を改善する効果があるといわれています。

また、コーヒーと緑茶の両方に含まれているカフェインには、血管を健康に保ったり、気管支を拡張するといった作用があるといわれています。

研究チームでは、これらの成分の効果が死亡リスクの低下につながっている可能性があるとしています。

おいしいコーヒーや緑茶を楽しむことは、健康にプラスの効果がありそうですが、妊娠・授乳中の女性、心臓病・腎臓病・骨粗しょう症などの持病がある人は、カフェインの摂取に注意が必要です。

まずは主治医に相談するようにしましょう。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
 僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
  ↓
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
  ↓
@uts1493m




テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。