身近にあって、やっかいなカビ(1)





●1立方メートルに1000-2000個のカビ胞子

カビが生えやすい条件は、気温は20-30℃、湿度は80%以上とされています。

まさに梅雨の気候です。カビは真菌(しんきん)ともいい、ほこりやチリ、人のアカなどをエサにして菌糸をつくり、胞子をまき散らして増殖していきます。

肉眼では見えませんが、一般に1立方メートルの空気中には、1000-2000個のカビの胞子が飛んでいる、といわれています。

この胞子や菌糸が皮膚に付いたり、体内に入ったりすると、感染症やアレルギー疾患を引き起こすことがあります。

b1_figure.jpg


●カビの感染症は免疫力低下が引き金にも

カビ(真菌)によって起こる代表的な感染症として、皮膚に起こる「水虫」、皮膚や粘膜に起こる「カンジダ症」があります。

カンジダ症には、発症する部位によって口腔カンジダ症、皮膚カンジダ症、性器カンジダ症などがあります。

また、ハトの糞などに付いているクリプトコッカスというカビを吸い込むと、「肺真菌症」を起こす恐れがあります。

これらの感染症は、免疫力低下が発症の引き金のひとつとされています。予防のためには、規則正しい生活をベースに、免疫力を維持・増強させることが大切です。


●カビを吸い込むとアレルギー性の肺炎の危険も

カビは感染症だけでなく、さまざまなアレルギー疾患も引き起こします。

その代表ともいえるのが、トリコスポロンというカビの胞子を繰り返し吸い込むことで発症する「夏型過敏性肺炎」です。

症状は風邪に似ていて咳が続きますが、通常、秋になると治まります。

ただ、慢性化させてしまうと、肺の組織が硬くなる「肺線維症」になる恐れがあります。

そうなると治療が難しいため、早めに対処することが大切です。

また、カビはダニのエサになるため、間接的に「喘息」の引き金にもなります。

さらに、喘息に似た症状の「アレルギー性気管支肺アスペルギス症」は、コウジカビの仲間のアスペルギスが原因になります。

この病気では、気管支にカビが入り込んで痰(たん)のかたまりができ、詰まってしまう恐れがあります。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加




テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。