靴が、足が……におわない生活





●微生物がエサを分解してできる物質がにおう

靴の中がむれて、靴も、足も、靴下も、嫌な「におい」が気になる季節となりました。

足のにおいのもとは、細菌や真菌といった微生物たち。

におわない生活のためには、これらの微生物のエサになるものを減らし、増殖する環境を改めて、微生物を増やさないようにすることが大切です。

足についた微生物は、皮膚やアカなど、いわば足の汚れや汗を栄養にして増殖します。

あの嫌なにおいの正体は、微生物がエサである汚れや汗を分解する際にできる物質なのです。

足裏は汗をかきやすく、さらに靴下や靴で覆われると、栄養や水分、湿度といった微生物が増殖するのに絶好の環境がそろうことになります。

におわない生活のためには、この環境を少しでも改めることが大切です。

11072.jpg


●足を清潔に保ち、靴を乾燥させる日を確保

微生物のエサを減らすために、まずは汗をかきやすい足裏や足の指の間を中心に、足を清潔に保ちましょう。

ただし、ゴシゴシ洗いは皮膚を傷つける恐れがあるため、石けんを泡立ててなでるようにやさしく洗いましょう

爪は微生物のすみかにしないように、短く切っておきます。

できるだけ汗や水分をため込まないように、靴下やストッキングは吸水性と乾燥性を備えた素材を選びましょう。

ストッキングなどには、デオドラント効果をうたった商品も発売されています。

靴は通気性のよいものを選んで何足かそろえ、1日履いたら、次は2日は空けてから履くようにしたいものです。

履かない日には、中敷きをとって風通しのよいところで陰干しして、よく乾燥させます。デオドラント効果のある中敷きを利用するのもよいでしょう。


●セルフケアをしてもにおうなら水虫かも

においのもとになる微生物のうち、真菌には、水虫の原因菌として知られる白癬(はくせん)菌も含まれています。

におい対策を続けても、一向に嫌なにおいが改善しないときは、水虫にかかっているのかもしれません。

水虫なら、当然治療をしない限り、においもとれません。かゆみがなくても水虫にかかっていることがあります。

セルフケアで効果がみられない場合は、皮膚科で診てもらったほうがよいかもしれません。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。