歯はどうして「黄ばむ」の?





●エナメル質が削られ、象牙質が透ける

年齢とともに歯が黄色くなってきた、と感じたことはありませんか?

その原因のひとつは、歯の表面のエナメル質が長年の食事や強めのブラッシングなどで少しずつ削られて薄くなり、内側にある象牙質(ぞうげしつ)の黄色が透けて見えるようになるためです。

いったん薄くなったエナメル質は、元に戻ることはありません。

それに対して、象牙質は歯の神経、すなわち歯髄(しずい)が生きている限り厚みを増すため、いっそう黄色く見えやすくなるのです。

歯のエナメル質を少しでも維持するために、ブラッシングは力を入れ過ぎないようにしましょう。

11065.jpg


●歯の着色や汚れ(ステイン)でも黄ばみに

もうひとつ、歯の付着物も黄ばみの原因になります。

一見、ツルツルした歯でも、表面には小さなでこぼこがあり、ここに飲食物などの成分が付着していきます。

こうして起こる歯の着色や汚れはステインと呼ばれ、ステインが長年付着したままになっていると、黄ばんで見えることになります。

ステインをつくる主な成分は、紅茶やコーヒー、ワインなどに含まれるタンニンや、たばこのタールなどです。

これらの成分と歯の表面の唾液のたんぱく質が一緒になって、ステインになっていきます。

たばこのタールによる黄ばみを避けるには、もちろん禁煙することです。


●ステイン除去の歯みがき剤の利用も

ステインの多くは食後のブラッシングで落とすことができます。

タンニン以外にも、飲食物の色素成分がステインになりやすいとされます。

ジュースやカレーなど色の濃いものを飲食したときには、食後にやさしくていねいにブラッシングするか、水や白湯で口をゆすいでおくのがよいでしょう。

ステインを落としやすくする成分を含む歯みがき剤も市販されています。

なお、歯は本来それほど白いわけではない、とも指摘されており、気にし過ぎないことも大切です。

どうしてももっと白くしたい、という場合は、歯科で受けられるホワイトニングという治療もあります。

その場合は、費用やメリット・デメリットなどについて、歯科医師から事前に十分な説明を受けるようにしましょう。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加


テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。