デリケートゾーンのかゆみ対策





●かゆみの原因はむれ&刺激

人には相談しづらい、デリケートゾーンのトラブル。実は多くの女性が悩んでいて、なかでも多いのが「かゆみ」です。

外陰部の皮膚は、もともと角質層が薄く、刺激に弱い部分です。

とくに女性の場合、月経中はナプキンなどによって非常にむれやすく、雑菌が繁殖しやすくなります。

また、皮膚にナプキンが触れる刺激も加わり、かぶれやかゆみなどが起こりやすくなるのです。

月経中以外でも、汗をかいたり、締めつけのきつい下着や衣類を身につけたりすることで、むれてかゆみが出ることがあります。

11055.jpg


●通気性をよくし、清潔を保つことが大切

こうしたトラブルを防ぐには、デリケートゾーンの通気性をよくし、清潔を保つことが大切です。

月経用のナプキンは、皮膚との間にすき間ができるように少し厚手のふっくらしたタイプを選び、こまめに取り換えること。

月経以外のときは、おりものシートはなるべく使わずに、下着をこまめに交換しましょう。

下着は通気性のよい素材を選びます。

ガードルやストッキング、きついジーンズなど、暑い季節には、体を締めつけるものを長時間身につけることを避けましょう。


●強いかゆみや痛みがあったら早めに受診

体を洗う際は、石けんやボディソープをつけたスポンジなどでゴシゴシ洗うのは厳禁。

お湯や刺激の少ない石けんを使って、手でやさしく洗いましょう。

ただし、腟の中まで洗わないこと。なぜなら、腟の中には強力な自浄作用があり、洗うとかえって殺菌作用を弱めてしまうからです。

もし、がまんできないほどのかゆみがある場合は、カンジダ腟炎をはじめとする感染症の可能性もあります。

強いかゆみや痛み、おりものの異常がみられたら、早めに皮膚科や婦人科などを受診しましょう。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。