健診ではわからない「仮面高血圧」





●診察室以外で血圧が高い「仮面高血圧」

受診したときや健康診断、つまり診察室で測った血圧が正常だからといって、油断は禁物です。

診察室以外の家庭や職場などで、血圧が高くなっていることがあるからです。

このようなタイプの高血圧は、診察室ではあたかも仮面をつけたように高血圧が隠されていることから、「仮面高血圧」と呼ばれます。

血圧は1日のうちでも変動し(日内変動)、測る時間や場所によっても異なることがあります。

通常、活動する日中は血圧が高く、活動が少なくなる夜に向けて徐々に下がっていき、体を休める睡眠中に最も低くなります。

そして、目覚めて活動し始める朝に血圧が上昇してきます。

しかし、仮面高血圧の人では、このような変動パターンとは違った血圧変動がみられます。

11051.jpg


●仮面高血圧は脳卒中や心筋梗塞のリスクが高い

仮面高血圧には、夜も血圧が下がらない「夜間高血圧」、目覚める前後に急激に血圧が上がって基準値を超えてしまう「早朝高血圧」、朝や夜は正常でも職場にいるとストレスで血圧が上がる「職場高血圧」などがあります。

血圧がこのような変動パターンの人は、脳卒中や心筋梗塞を起こすリスクが高いことが明らかになっています。

仮面高血圧にとくに注意したいのは、職場や家庭でストレスが多い人、習慣的にお酒をたくさん飲む人、肥満やメタボの人などです。

また、降圧薬を服用している人も注意が必要です。

降圧薬は朝に薬を飲むことが多いので、日中に病院で血圧を測ると、薬が効いていて正常です。

そのため、朝や夜に血圧が上がっていても、なかなか気づかないのです。


●家庭血圧の測定で仮面高血圧を見つける

仮面高血圧に患者自身で気づくには、家庭での血圧測定が重要になります。

家庭で決まった時間に定期的に血圧を測ることで、自分の血圧変動のパターンを知ることができ、診察室ではわからなかった高血圧が見つかるかもしれません。

1日2回、起床後の朝食前と、夜の就寝前にも血圧を測定し、体重などとともに毎日、記録することを習慣にしていきましょう。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男性
血液型 : A型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。