汗くささに自家製ミョウバン水





●ミョウバンはあく抜きにも使われている

汗ばむ日が増えてくると、体や衣服のニオイが気になってきます。

市販の制汗剤などを利用するのもひとつの方法ですが、今年の夏は、身近なもので「自家製のニオイ消し」をつくってみてはどうでしょう。

使うのは漬物の色を鮮やかにしたり、ゴボウのあく抜きなどに使われることがあるミョウバンです。

硫酸とカリウム、アルミニウムなどが結合した物質で、「焼ミョウバン(硫酸アルミニウムカリウム)」という名前で市販されています。

11010.jpg


●アンモニアを中和、雑菌の繁殖を抑える

体の汗くささのもとは、汗に含まれるアンモニアのニオイや、汗や皮膚表面の脂をエサに繁殖する雑菌の排泄物のニオイなどが入り混じったもの。

雑菌は汗で増殖するだけあって、アンモニア性の環境で増えやすいといわれています。

ミョウバンは水に溶かすと酸性を示します。

これを皮膚に塗れば、アルカリ性のアンモニアが中和され、雑菌が繁殖しにくくなるので、汗くささを抑える効果があると考えられています。


●気になる場所に絞って吹きつける

ミョウバンの使い方にはいろいろありますが、代表的なのはミョウバン50gに対して水2リットルを加えたミョウバン水をつくっておく方法です。

これを汗のニオイが気になる、わきや首すじ、胸、そして足などに塗るのです。

スプレー容器に入れて使えば、皮膚だけでなく、衣服などにも手軽にひと吹きできるようになります。

もし、ミョウバン水を吹きつけた皮膚がかゆくなったりしたら、ミョウバン水をさらに水で薄めてください。

また、全身に塗ったり、ミョウバンの濃度が高過ぎたりすると、正常な発汗が妨げられ、熱中症になりやすくなることがあります

ミョウバンの濃度を高くし過ぎないように気をつけ、ニオイが気になるところに絞って使うのがよいでしょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。