単なるもの忘れ? それとも…?





●一部でなく全体を忘れたら認知症の疑いが

「ついさっきのことが思い出せない」「知っている人の名前が浮かばない」といったことがあると、「もしかして、認知症では?」と心配になる人もいるでしょう。

誰でも歳をとるにつれて、物忘れが多くなってくるものです。では、単なる物忘れと認知症には、どのような違いがあるのでしょうか?

加齢などで増える単なる物忘れは、物や名前などを部分的に忘れてしまいますが、ヒントがあれば思い出すことができます。

それに対して認知症では、物事を部分的にではなく全体を忘れてしまいます。

たとえば、朝食のメニューを忘れる程度なら単なる物忘れと考えられますが、食べたこと自体を忘れてしまったり、食べたことを指摘されても「いや、食べていない」となると、認知症の疑いがあります。

10991.jpg


●認知症はゆっくりだが、確実に進行する

認知症には、脳に特殊なたんぱく質が蓄積して脳が委縮していく「アルツハイマー型認知症」、脳出血や脳梗塞などで脳の血管が障害されて起こる「脳血管性認知症」、脳の神経細胞の中に特殊なたんぱく質があらわれて起こる「レビー小体型認知症」などがあります。

記憶力の低下やイライラ、気分の落ち込みなどから始まり(初期)、今いる場所や状況がわからなくなっていきます(中期)。

そして言葉のコミュニケーションがとれなくなり、家族のこともわからなくなり、こうなると全面的な介護も必要になっていきます(後期)。

これらの症状はゆっくりですが、確実に進行していくのが認知症です。

認知症についての研究は世界的に行われており、薬の開発も進められていますが、まだ「治す」ことはできず、「進行を抑える」にとどまっているのが現状です。

「もしかしたら…」と思ったら、早めに認知症治療の専門医を受診したり、地元自治体に問い合わせて、治療やサポート体制について相談することがすすめられます。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。