薬とハーブ、のみ合わせに要注意





●効き目が弱まる、強くなり過ぎるのみ合わせも

病気になったときに頼りになる「薬」。しかし、薬同士や、薬と食品とののみ合わせが悪いと、せっかく薬をのんでいても効果が出なかったり、逆に悪く作用したりすることもあります。

複数の薬、あるいは食品の成分の相互作用によって効き目が弱まる、または効き目が必要以上に強くなる、といった薬ののみ合わせがあることを知っておきましょう。

10981.jpg


●特定の飲食物が薬の効き方に影響することも

薬に対して特定の食べ物が影響するのみ合わせには、次のような例があります。

・一部の降圧薬(血圧を下げる薬)とグレープフルーツ…薬の効果が強くなって、必要以上に血圧が低下することがある。
・抗凝固薬(こうぎょうこやく:血液をかたまりにくくする薬)と納豆…薬の効果が弱くなり、血栓ができやすくなる。

そのほか、アボカド、牛乳、コーヒー、アルコールなどが効果に影響する薬もあります。


●薬の効果に影響を与えるハーブも

さらに、ハーブや健康食品、サプリメントなどとののみ合わせに注意が必要な薬もあります。

たとえば、ハーブのカモミールやイチョウ葉エキスは抗凝固薬の効果を強める可能性がありますが、セント・ジョーンズ・ワートというハーブは逆に効果を弱める恐れがあります。

セント・ジョーンズ・ワートはほかにも、強心薬、気管支拡張薬、抗HIV薬などの効果を弱め、抗うつ薬などでは効果を強めることがわかっており、薬との併用に注意が必要なハーブとして知られています。

持病があって薬を服用している人は、一緒にのんではいけない薬のほか、健康食品やサプリメントなどの併用への注意、避けなければいけない飲食物などについて、医師や薬剤師によく確かめておきましょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。