アンチエイジングのための睡眠法





●睡眠中に働く3つのホルモン

老化を防ぎ、体と脳の若さを保つために、睡眠は重要な役割を果たしているといわれます

なぜなら、睡眠中にはアンチエイジングによいとされる、「成長ホルモン」「メラトニン」「コルチゾール」という3つのホルモンが働いているからです。

・成長ホルモン
脳下垂体から分泌されるホルモンです。その名のとおり、子どもの成長に欠かせないだけでなく、体の代謝にも深く関係しています。また、肌の再生を促してくれるホルモンでもあるのです。

・メラトニン
脳の松果体(しょうかたい)から分泌されるホルモンです。眠りを誘う働きがあり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれます。
また、細胞の新陳代謝を促し、疲労を回復する働きがあるといわれます。

・コルチゾール
副腎皮質から分泌されるホルモンで、炎症を抑える働きがあります。その働きから、炎症による老化を抑える作用があると考えられています。
また、ストレスを受けると分泌が増えることから「ストレスホルモン」とも呼ばれています。

10973.jpg


●ホルモンをよく働かせるための睡眠とは

成長ホルモンの分泌が最も活発になるのは、寝ついてから最初の3時間ほどの深い眠りのときだといわれます。

また、メラトニンは夜間に多く分泌され、逆にコルチゾールは起床前に分泌が多くなります

メラトニンとコルチゾールは、体内時計の一日のリズムを整える働きがあるホルモンでもあります。

したがって、これらのホルモンが体に有効に働くためには、良質な睡眠をとることが大切になります。

規則正しい生活リズムを守り、十分な時間の睡眠をとることを心がけましょう。

なお、夜に睡眠を促すメラトニンの分泌は光で調節されており、強い光を浴びると分泌が抑えられます

就寝前には、テレビやパソコンなどの使用は控え、目覚めたら、しっかり日光を浴びましょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男性
血液型 : A型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。