脳卒中や心筋梗塞を減らす生活習慣





●脳卒中や心筋梗塞は命や要介護にかかわる

脳卒中や心筋梗塞を減らそうと、日本脳卒中学会と日本循環器学会が2016年12月に5カ年計画を公表しました。

高血圧症や糖尿病といった生活習慣病が進行すると、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる病気や、介護が必要な状態につながる重大な病気の危険性が高まります。

この5カ年計画での全体の大きな目標は、脳卒中と循環器病による死亡率を日本全体で5%減らして、介護を必要とせずに元気に生活できる健康寿命を延ばそうというものです。

10970.jpg


●禁煙・減塩・節酒、そしてしっかり歩く

具体策のひとつが「禁煙」で、喫煙率を5年間で2割低下させ、公共の場での受動喫煙の機会の撤廃をめざします。

喫煙者は禁煙し、そうでない人もできるだけ受動喫煙を避けるようにしましょう。

次の目標は「減塩」です。1日の食塩摂取量を日本全体の平均で2g減らします。

調理での減塩に加えて、成分表示に気を配り、外食などでも減塩を心がけましょう。

「節酒」では、お酒を飲み過ぎる人の10%減少が目標。1日に飲む量を控え、お酒を飲まない日をつくりましょう。

そして「身体活動」では、運動習慣がある人を倍増させ、1日の歩数を平均で1000歩増やします。

1000歩は約10分。今より10分多く歩くようにしましょう。


●高血圧、糖尿病、肥満を減らそう

生活習慣病の改善にも目標が設定されています。

「高血圧」については、収縮期血圧(上の血圧)を平均で2mmHg下げることが目標。

家で毎日血圧を測って、きちんとコントロールしましょう。

増え続ける「糖尿病」患者数を減少に転じさせることも目標です。

食べ過ぎ・運動不足になっていないか、いま一度見直してください。

「脂質異常症」や「肥満症(BMI 30以上)」も5年で10%減少を目指します。

摂取エネルギー過多にならないように、食事内容に気をつけましょう。

そして、脳梗塞のなかでも重症タイプの引き金になる「心房細動」という不整脈は、健診で心電図もチェックして早期発見を促すことになりました。

心電図の検査もお忘れなく。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。