成人の8人に1人が……増える慢性腎臓病(2)





●健診で尿たんぱく異常は必ず再検査を!

腎臓の働きが少しずつ低下していく「慢性腎臓病(CKD)」。CKDがやっかいなのは、進行してから初めて気づく人が多いこと。

最初のうちはほとんど症状はありませんので、早期発見のためには定期的な検査が欠かせません。

腎機能の異常は、健康診断や人間ドックなどで行われる、尿たんぱく検査でわかります。

この検査で異常が疑われたら、必ず詳しい検査を受けてください。

精密検査では、血液中のクレアチニン(老廃物の一種)濃度を調べる、血清クレアチニン検査などが行われます。

また、糖尿病がある人では、糖尿病性腎症の早期発見に役立つ、アルブミン(たんぱく質の一種)を調べる、微量アルブミン尿検査も定期的に受ける必要があります。

尿の色や泡のたち方などが、腎機能の異常を知らせるサインのことがあります。

尿の状態に変化があるときは、早めに泌尿器科などを受診して検査を受けることが望まれます。

10962.jpg


●生活習慣の改善が予防対策の最重要課題

腎臓は加齢とともに機能が低下するので、誰でもCKDを発症する可能性があります

予防のためには、若いうちから、原因となる恐れがある生活習慣を改めることが大切です。

そのポイントは、血圧を上げる塩分のとり過ぎを抑え、肥満がある人は適正な体重を保つこと。

適度な運動を習慣にし、たばこはきっぱりやめましょう。

すでに生活習慣病がある人は、その病気が腎機能を低下させ、腎機能の低下が元の生活習慣病をさらに悪化させるという悪循環に陥りがちです。

腎機能のチェックを続けながら、持病の生活習慣病の治療もきちんと受けるようにしましょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。