食材選び、調理法……どっちがカロリーオフ?(1)





●食材選びでカロリーダウンを目指す

適正な体重を維持するためには、エネルギーのとり過ぎに気をつけたいものです。

だからといって、野菜ばかりを食べるといった食生活では、栄養のバランスが偏ってしまいます。

そこで、食材選びや調理のひと工夫でカロリーダウンを目指しませんか? そのために知っておいてほしいポイントを紹介します。

10958.jpg


●肉は「部位選び」がポイント

たとえば、生の鶏のもも肉と胸肉では、エネルギー量が低いのはどっちでしょう?

100gあたりのエネルギー量を比べると、もも肉(皮つき)は204kcalで、胸肉(皮つき)は145kcalと胸肉のほうが低くなっています。

皮を取り除けば、もも肉は127kcal、胸肉は116kcalにカロリーダウン。

皮をとったもも肉なら、皮がついたままの胸肉よりエネルギー量は低くなります。

ちなみに、生のささみ肉は105kcalです。

牛肉や豚肉なら、バラ肉→ロース肉→もも肉の順にエネルギー量が低くなります。

同量の肉でも、脂肪の少ない部位を選ぶことで、エネルギー量を減らすことができます。


●脂肪分の少ない部位をおいしく食べるには

「でも、脂肪分の少ない肉は、パサパサしておいしくない」いう人もいるでしょう。

確かに、脂肪分が少ない部位は、強火で調理するとパサつきがちなので、弱火でじっくり煮込むような調理法がおすすめです。

また、下準備として、すりおろしたタマネギに肉を漬けておいてから焼いたり、オイルでマリネして油を使わずに調理すると、肉がパサつきにくく、ジューシーに仕上がります。ぜひ、試してみてください。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男性
血液型 : A型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。