痛みやしびれが続く坐骨神経痛改善のカギは?(2)





●根本的な改善は元になった病気を治す

坐骨神経痛の治療は、原因となっているそれぞれの病気の治療を行うことが、痛みやしびれといった症状改善の基本です。

適切な治療を受けないと、痛みの元になっている病気が進んでしまうこともあります。

坐骨神経痛の原因が脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどの場合、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬といった薬の服用、コルセットの着用などが有効とされ、場合によっては手術が必要となります。

腫瘍や感染症が原因の場合も、その病気に対する治療を行うことで、症状の改善が望めます。

また、痛みの原因となっている神経やその周辺に麻酔薬を注射する、神経ブロック注射という治療が行われることもあります。

血行がよくなって、筋肉の張りによる痛みの改善効果も期待できます。

10931.jpg


●正しい姿勢と軽い運動などでセルフケア

適切な治療とともに大切なのが、日常生活の見直しです。

坐骨神経痛の発症には、日常生活が深く関わっているとされます。

悪い姿勢や歩き方、運動不足のほか、冷えや肥満、ストレスなども痛みの原因になりかねません。

日常生活を見直し改善することが、症状の軽減や痛みの予防につながるため、腰にやさしい生活を心がけましょう。

まず行ってほしいのは、正しい姿勢を身に付けること。悪い姿勢はそれだけで腰に負担がかかります。

立っているときや歩くときは、背骨がゆるいS字カーブを描くように背すじを伸ばして。

また、いつも同じ側で鞄を持つと、姿勢が悪くなるのでご用心を。

椎間板ヘルニアの人は、背すじのS字カーブを意識した姿勢がとくに大切ですが、脊柱管狭窄症の人は、少し前かがみになったほうが脊柱管への圧迫を緩和できるでしょう。

いすに座るときは、背中が丸くならないように背すじを伸ばすと腰にかかる負担が軽くなり、痛みも起こりにくくなります。

脚を組んで座る、あぐらや横座りなどは、腰の負担を増やす場合があります。

さらに、軽い運動習慣や毎日の入浴は筋肉の緊張を和らげ、血行を改善するので症状の緩和につながります。

また、痛みの引き金になりがちなストレスの緩和にも役立ちます。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。