もったいない! 「食品ロス」を減らそう





●毎日1人あたり茶わん1杯分ずつ「食べられるもの」を捨てている

日本国内の年間の食品廃棄量は、食料消費全体の3割にあたる約2800万トン。

このうちの約632万トンは、売れ残りや期限を超えた食品、食べ残しといった、本来食べられたはずの、いわゆる「食品ロス」とされています(政府広報オンライン)。

これは日本人1人あたりに換算すると、毎日茶わん1杯分の食べ物を捨てていることになります。

食品ロスの約半数は家庭から出ているといわれます。身の回りの食品ロスを見直してみませんか。

10904.jpg

●買い過ぎ、つくり過ぎに注意

食品ロスを減らすためにすぐにでもできることは、「買い過ぎない」「使い切る」「食べ切る」の3つです。

買い物の前に冷蔵庫内などをよく確認して、余分な食材を買わないように。

チルド室や野菜室など冷蔵庫の特徴を活用して、食材が傷まないようにして、新鮮なうちに食べ切るようにしましょう。

調理では「つくり過ぎない」ようにして、残ってしまった場合は、適切に保存して再加熱して食べるなど、別の料理に活用することを工夫してみてください。


●賞味期限切れを捨て過ぎない

加工食品には消費期限か、賞味期限が表示されていますが、食品ロスのなかには、こうした期限切れ食品も含まれています。

消費期限は傷みやすい食品に「食べても安全な期限」として表示されており、期限切れは食べないほうが安全です。

一方の賞味期限は、傷むのが比較的遅い食品に表示され、「おいしく食べられる期限」です。これを超えても、すぐに食べられなくなるわけではありません。

消費期限と賞味期限の違いをよく理解して、「捨て過ぎない」ようにしてみてはどうでしょう。

また、食べ残しを防ぐため、外食をするときは注文時にボリュームを減らしてもらったり、食べられないものを抜いて注文するようにしてみましょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。