赤ちゃんへのB型肝炎の定期接種がスタート





●将来の肝硬変や肝臓がんを防ぐ

B型肝炎ウイルスの感染を防ぐワクチンが、2016年10月から、0歳児を対象に定期接種になりました。

定期接種は原則無料で、国が接種をすすめ「受けるように努めなければいけない」とされています。

免疫の働きが不十分な乳幼児期にB型肝炎ウイルスに感染すると、ウイルスが排除できずに感染が持続してしまう恐れがあります。

そのため、生後2カ月、3カ月、7-8カ月の時期に、3回に分けてワクチンを接種することになっています。

B型肝炎ウイルスの感染が続くと、将来、肝炎から肝硬変、さらには肝臓がんを発症する危険が高くなることがわかっています。

日本の肝臓がんは、肝炎ウイルスの感染が原因の大半を占めているのです。

このワクチン接種は、赤ちゃんが将来、肝硬変や肝臓がんになるリスクを減らすのがねらい、ということです。

10902.jpg


●定期接種は1歳になるまでに13回も

現在、B型肝炎のほか、四種混合(破傷風、ジフテリア、百日ぜき、ポリオ)、麻疹・風疹(MR)など、合計9種類の予防接種が定期接
種(A類疾病)になっています。

赤ちゃんに十分な免疫がつく前に病気に感染しないようにと、定期接種だけで1歳になるまでに5種類13回、7歳までにさらに3種類、トータルで20回以上の予防接種を受けることになっています。


●接種スケジュールは主治医と相談して

定期接種以外にも、インフルエンザやロタウイルス、おたふくかぜといった任意接種の予防接種もあります。

受けるかどうかは個人の判断であり、これら任意のものは自己負担になります。

これだけたくさんの定期接種を推奨期間内に受け、さらに任意接種もとなると、子どももお母さんも大変です。

小さな子を何度も予防接種に連れて行かなくてもよいように、複数のワクチンを同時に打つ「同時接種」という方法もあります。

かかりつけ医ともよく相談して、接種スケジュールを調整してください。


テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。