のどの乾燥を防いで、感染症をシャットアウト!





●のどの乾燥は病原体の侵入を招きやすくする

冬はお肌の乾燥が気になる季節ですが、乾燥するのはお肌だけではありません。

とくに気をつけたいのは「のど」の乾燥。のどが乾燥していると、インフルエンザや風邪などの感染症にかかりやすくなるので要注意です。

のどは、口や鼻から吸い込んだ細菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぐ防御機能を備えています。

のどの粘膜には「線毛」という細かな突起が生えていて、その上を覆っている粘液とともに、侵入した病原体をすばやく体外に排除する働きがあります。

しかし、のどが乾燥すると、粘液が硬くなるとともに線毛の動きも低下するため、病原体の侵入を食い止める力が弱くなってしまうのです。

10876.jpg

●加湿器やマスクで、のどの潤いを保って

のどの乾燥を防ぐためには、加湿が大切です。たとえば、室内では加湿器などを使用して、50-60%の適切な湿度を保ちましょう。

加湿器以外では、濡らしたタオルを軽く絞り、部屋にかけておくのもよいでしょう。

のどの潤いを保つには、マスクをするのもよい方法です。

冷たく乾燥した空気が、直接のどに入り込むのを防ぐことができます。

また、私たちの吐く息には水分が多く含まれているので、マスクをすることで、加湿器と同様の効果が見込めるのです。

水分の補給も忘れずに行いましょう。

汗をかくことが少なく、のどの渇きを感じにくい冬は、知らないうちに水分が不足しがちです。

冬もこまめに水分をとって、のどと体に潤いを与えましょう。

うがいも、のどに潤いを与えます。のどの乾燥を防ぐことが、インフルエンザや風邪などの感染症予防につながります。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。