お風呂の効果をアップ! 目的別入浴術(1)





●入浴効果を上げる入浴剤を選ぼう

寒い季節の冷えと疲れを癒し、心身をリラックスさせるには、お風呂で温まるのが一番! お風呂に入ると、「温熱作用」で血行をよくし、「浮力作用」で体の負担を軽減、「リラックス作用」で脳や体を休め、「水圧作用」で循環器の働きを活発にするなど、さまざまな効果が期待できます。

入浴タイムをより充実させるためにおすすめなのが、入浴剤です。いろいろな種類の入浴剤がありますが、その特徴を知って上手に利用すれば、入浴の効果はよりアップ。

今日の自分に合った入浴剤を選びましょう。

10857.jpg

●冷えを解消したいときは……

体が冷えてつらいときは、硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウムなどの「無機塩類」が配合された入浴剤がおすすめです。

皮膚のたんぱく質と結合して膜をつくり、熱が逃げるのを防いで保温効果を発揮します。

生薬系の入浴剤で、ウイキョウやトウガラシなどの薬用植物が配合されたものも、温め効果が高いのが特徴です。


●疲れを解消したいときは……

炭酸ガス系の入浴剤には、二酸化炭素が皮膚から吸収され、直接血管に働き、血管を広げる作用があります。

血流量が増えて体が温まると同時に、新陳代謝が活発に。速やかに疲れや痛みを改善する効果が期待できます。


●肌をしっとりさせたいときは……

乾燥による肌荒れに悩んでいるなら、ホホバ油やセラミド、スクワランなどの保湿成分が含まれる入浴剤をチョイ

湯上がり後の肌がしっとりします。
ゆずや陳皮(ちんぴ・みかんの皮を乾燥させたもの)などの、かんきつ類の皮にも保湿効果があります。

お湯に入れると、さわやかな香りも楽しめます。


●リラックスしたいときは……

自分の好きな色や香りの入浴剤を入れると、リラックス効果が高まります。湯が白くなるもの、ラベンダーやひのきの香りがするものなど、好みのタイプを見つけましょう。



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。