妊娠中の「うつ」対策におすすめの食品





●牛乳や乳製品を多くとった人は妊娠中や産後のうつが少なめ

妊娠や出産はホルモンバランスの乱れなどから、うつの引き金になりやすいことがわかっています。

ところが、妊娠中に牛乳や乳製品、魚介類、大豆製品といった食品、栄養成分でいうとカルシウムやEPA、ビタミンD、イソフラボンなどを多くとっていた人ほど、妊娠中や産後にうつになった人が少ないことがわかりました。

愛媛大学の研究グループ(疫学・予防医学講座)は、1,745人の妊婦を対象に調査を行っています。

それによると、ヨーグルト摂取が最も少なかった人を基準にすると、最も多くとっていた人の妊娠中にうつ症状があらわれる危険度は30%ほど低下。

同様に、大豆製品を最も多くとっていた人の危険度は37%低めでした。

また、別の1,319人の妊婦を産後4カ月まで追跡して調べたところ、牛乳の摂取が最も多い人が産後うつになる危険度は、とらない人の半分ほどに低下していました。


●子どものアレルギー性鼻炎などにも影響
10849-1.jpg

同グループによる別の研究では、1,002人の妊婦を子どもが4歳半になるまで追跡して、妊娠中の食生活と子どもの健康との関連を調べています。

その結果、妊娠中にカルシウム、DHA、α-リノレン酸、ビタミンEなどを多くとっていた人の子どもには、アレルギー性鼻炎やぜんそく、むし歯などが少ないことがわかりました。

同研究グループでは、「確立したエビデンスのためには、もっと多くの疫学研究の蓄積が重要」としています。

現状での成果として、妊娠中から子どもも含めた産後の健康管理に、以上の研究結果を取り入れてみてはどうでしょう。



コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。