八十八夜に知りたい「緑茶と健康」





●露天か、収穫前に日光をさえぎるか

新茶(一番茶)収穫の最盛期とされる「八十八夜」は、立春から数えて88日目の日のことです。

いま一度、お茶をよく知り、健康生活に生かしてみてはどうでしょう。

お茶にはさまざまな種類がありますが、収穫した茶葉をすぐに加熱処理して製茶したものが緑茶、茶葉を発酵させたものが紅茶やウーロン茶です。

緑茶はさらに、露天栽培の煎茶(せんちゃ)や番茶と、収穫前の一定期間に日光をさえぎる被覆(ひふく)栽培の玉露や抹茶などに、大きく分けることができます。

11523.jpg


●一番茶、二番茶が煎茶、それ以降は番茶

煎茶は最も一般的な緑茶で、初夏に収穫する一番茶、二番茶を使います。

煎茶をつくる過程ではじかれた大きな葉や、夏以降に収穫する葉(三番茶、四番茶)などを使うのが番茶です。

さらに、煎茶や番茶を強火であぶってつくるのがほうじ茶、煎茶や番茶に炒った玄米を加えたものが玄米茶です。

一方、被覆栽培のお茶のうち、玉露は煎茶などと同様に製茶されますが、葉をもむ工程がないのが碾茶(てんちゃ)であり、碾茶を石うすでひいてつくられるのが抹茶です。


●軽い味でテアニンが、しっかり味でカテキンが多めに

つくり方の違いから、それぞれのお茶に含まれるカテキン(渋み成分)やテアニン(甘味、うま味成分)、カフェイン(苦味成分)などの量や、味は変わってきます。

さらに、同じ種類のお茶でもお湯の温度などで抽出される成分量が変わり、風味が違ってきます。

煎茶の場合、茶葉は少なめ・お湯は多め・温度は高め・抽出時間は短め、でいれるとテアニンが多めの軽い味になります。

それとは反対の入れ方をすると、カテキンやカフェインが多めのしっかりした味になります。

飲むタイミングやそのときの気分に合わせて、茶葉を変えたり、さまざまないれ方で楽しんでみてはどうでしょう。

また、「お茶が健康によい」といわれるのは、以上の成分によるものと考えられています。

国立がん研究センター研究班の調査によると、緑茶を飲む習慣によって、心筋梗塞や脳卒中のほか、がんについては前立腺がんや女性の胃がんの危険度が低下する可能性があることが明らかになっています。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスで月収1億円を稼いでいる方法を紹介しています。
実際のどうのようにして月収1億円を稼いでいるのか?
また配当金システムやお金を生み出す仕組みについて完全公開しています。
http://keitasasaki.info/lp/15127/708619



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。