FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん治療には「放射線」もある(1)





●放射線でがん細胞の遺伝子を死滅させる

「がんを治す」といった場合、「手術」を思い浮かべる人が多いことでしょう。

しかし、近年では「放射線」によるがん治療が進歩しています。

乳がんの治療で、乳房温存療法に放射線療法を加える治療が標準治療となったことなどから、放射線治療が広く行われるようになりました。

放射線ががん治療に使われるのは、放射線には、細胞の核の中にある遺伝子を切断することで、がん細胞を死滅させる働きがあるからです。

放射線の照射精度を高めることで、がんへの攻撃力を高めたり、より強い破壊力を持ったタイプの放射線を使う治療が広まっています。

「体を切らずに、放射線治療でがんを治す」ことを目指した治療も行われるようになってきています。

11511.jpg


●より安全で、より効果的ながん治療へ

がん細胞を死滅させる働きがある放射線ですが、がんの周囲の正常細胞にまで照射してしまうと、臓器を障害して、さまざまな副作用が出てしまうことになります。

そこで、正常細胞を傷つけないように、がん細胞に集中して放射線を照射できる高精度の装置が次々に開発され、安全性が高まってきました。

がん細胞だけにより大量に放射線を照射できれば、治療もより効果的になります。


●「複数の方向から」「形状に合わせ」「追いかけて」照射も

現在、放射線治療では主にX線が使われており、リニアック(直線加速器)という装置が普及しています。

同じX線を使い、精度を高めた装置として、複数の方向から照射する定位放射線治療(SRT)やがんの形状に合わせて複数の方向から照射する三次元原体放射線治療(3D-CRT)、その進化型で臓器障害を避けるために強弱をつけて照射できる強度変調放射線治療(IMRT)、臓器の動きに合わせて照射できる画像誘導放射線治療(IGRT)などもあります。

このうちSRTには、X線に似たガンマ線を一点に集中させるガンマナイフ、動く臓器(がん細胞)を追いかけて照射できるサイバーナイフがあります。

こうした高精度の照射装置などの導入によって、咽頭がんや食道がん、肺がん、子宮頸がん、前立腺がんなどは、早期に治療できれば、放射線治療でも手術による治療とほぼ変わらない治療成績が期待できる、とされています。

ただ、胃がんや大腸がんに対しては、放射線治療は手術ほどの治療効果は得られていないようです。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスで月収1億円を稼いでいる方法を紹介しています。
実際のどうのようにして月収1億円を稼いでいるのか?
また配当金システムやお金を生み出す仕組みについて完全公開しています。
http://keitasasaki.info/lp/15127/708619



スポンサーサイト

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。