中高年から増える脊柱管狭窄症





●歩くと脚に痛みやしびれがあり、休むとやわらぐ

しばらく歩いたり立っていたりすると、脚が痛くなる、ということはありませんか?

もしかしたら「腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)症」かもしれません。

脊柱とは背骨のことで、腰の部分を腰椎といいます。

この腰椎の中には脊柱管と呼ばれる細長いトンネルのような空間があり、さらにその中を神経が通っています。

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管の空間が狭くなって神経が圧迫される病気で、それによって痛みなどの症状があらわれます。

腰の痛みはそれほど強くはなく、静かにしていればあまり症状もみられません。

しかし、直立姿勢をとったり、歩いたりすると脚の痛みやしびれで次第に歩けなくなります。

座ったり、前かがみになったりして少し休むと、脚の痛みなどがやわらぎ歩けるようになりますが、しばらくするとまた歩けなくなります。

これが、腰部脊柱管狭窄症で最も特徴的といわれる、間欠跛行(かんけつはこう)という症状です。

悪化とともに、一度に歩ける距離が徐々に短くなり、次第に安静時にも痛みやしびれがあらわれたりします。

神経の圧迫が進行すると、排尿・排便にも影響を及ぼすことがあります。

11437.jpg


●加齢による骨や椎間板の変形などが原因

腰部脊柱管狭窄症の多くは、加齢による背骨や椎間板の変形や、骨と筋肉をつなぐ靭帯(じんたい)の柔軟性が失われて分厚くなることが原因といわれています。

椎間板ヘルニアが原因で起こることもあります。

治療は、痛みを抑える鎮痛薬をはじめとする薬物治療が中心で、間欠跛行には血行をよくする循環障害改善薬などが処方されます。

そのほか、腰を温める温熱療法や、腰を保護するコルセットが用いられることもあります。

症状が強い場合は、神経を圧迫する骨や靭帯を取り除く手術が選択されることもあります。

脊柱管狭窄症は中高年になると急増しますが、年だから仕方がないと放置すると、生活に支障が出ます。

また、間欠跛行は脚の血管の動脈硬化から起こる閉塞性動脈硬化症という病気でも起こることがあります。

気になる症状があれば早めに整形外科を受診して、まず詳しい検査を受けることが大切です。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスで月収1億円を稼いでいる方法を紹介しています。
実際のどうのようにして月収1億円を稼いでいるのか?
また配当金システムやお金を生み出す仕組みについて完全公開しています。
http://keitasasaki.info/lp/15127/708619



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。