糖質オフと運動は肝臓にもいい!?(1)





●糖質のとり過ぎや運動不足で脂肪肝に

ごはんやパン、めん類などの炭水化物、お菓子やジュース、果物……これらに含まれる糖質の摂取を控えめにするのが「糖質オフ」であり、健康キーワードとしてよく聞かれるようになりました。

食事でとった糖質は肝臓でぶどう糖に分解されたあと、小腸から吸収されてエネルギー源として全身で使われます。

食事で取り入れる量と、全身で代謝される糖質の量のバランスがとれていれば問題はありません。

しかし糖質をとり過ぎていたり、運動不足の場合、消費しきれずに余ったぶどう糖が肝臓で中性脂肪に変化し、内臓の周囲のほか、肝臓の細胞にもたまっていきます。

肝臓の細胞に中性脂肪がたまり過ぎた状態が「脂肪肝」です。

そのままにしていると、肝細胞が炎症を起こしたり、さらには肝臓の機能が失われる「肝硬変」などに進む恐れもあります。

お酒の飲み過ぎでも、同様に脂肪肝に進む恐れがあります。

しかし、日本人の場合、糖質のとり過ぎや運動不足から脂肪肝が起こることが多く、改善のためには「糖質を控えること」と「運動習慣」が大切とされます。

11146.jpg


●糖尿病があると脂肪肝が進みやすい

脂肪肝は糖尿病と密接につがっています。

血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きが悪く、血糖値が高い状態が続いているのが糖尿病です。

この場合、インスリンの効きの悪さを量でカバーするため、血液中のインスリン量が増えます。

インスリンには、ぶどう糖を中性脂肪に変えて肝臓などにためる働きがあるので、増え過ぎれば脂肪肝が進みやすくなります。

これを抑えるために、高血糖や糖尿病を改善させる糖質控えめや、運動習慣が重要なのです。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
 僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

おまけ
【初期費用0円で、再現性120%の最新ビジネス登場!】
こちらにメールアドレスを登録して、完全無料の動画とノウハウを見てください。
http://keitasasaki.info/lp/8953/708619



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。