FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウイルス」「細菌」「真菌」はどう違う?





●感染症を引き起こす病原体はいろいろ

私たちの体に侵入し、感染症を引き起こす病原体にはさまざまな種類があります。

よく知られているところでは、インフルエンザウイルスやノロウイルスなどの「ウイルス」、大腸菌やサルモネラ菌などの「細菌」、水虫の原因となる白癬菌(はくせんきん)などの「真菌」があります。

これらにはどのような違いがあるのでしょうか。

10976.jpg


●ウイルスと細菌では治療薬が異なる

(1)ウイルス
ウイルスは、単独では増殖することができません。そのため、ほかの細胞に侵入して自己を複製することで増殖し、細胞を死滅させます。

ウイルスによる感染症の予防に有効なのはワクチン接種ですが、すべてのウイルスに対してワクチンが開発されているわけではありません。抗ウイルス薬の開発は難しく、治療薬があるものはごくわずかです。

(2)細菌
細菌は自己増殖ができる微生物です。私たちの体に入り込んだ細菌は分裂を繰り返して増殖し、人間の細胞に侵入したり、毒素を出したりしてその細胞を死滅させます。

細菌には、一部を除いて抗菌薬が有効です。ただし、不適切に抗菌薬を使うと、薬の効かない細菌(耐性菌)が生じることがあるため、慎重な判断が必要とされます。

(3)真菌
真菌はカビの仲間です。人間の細胞に似た構造をしており、細菌より高等な生物です。自然界に広く分布し、ヒトの組織に付着して感染症を引き起こします。

真菌による感染症には、皮膚の表面にとどまるものと、皮膚の奥や内臓などの体の深い部分にまで及ぶものがあります。治療には、抗真菌薬が使われます。

原因となる病原体によって、有効な治療法(治療薬)は異なります。感染症が疑われる場合は、早めに受診して、きちんと治療を受けましょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

アンチエイジングのための睡眠法





●睡眠中に働く3つのホルモン

老化を防ぎ、体と脳の若さを保つために、睡眠は重要な役割を果たしているといわれます

なぜなら、睡眠中にはアンチエイジングによいとされる、「成長ホルモン」「メラトニン」「コルチゾール」という3つのホルモンが働いているからです。

・成長ホルモン
脳下垂体から分泌されるホルモンです。その名のとおり、子どもの成長に欠かせないだけでなく、体の代謝にも深く関係しています。また、肌の再生を促してくれるホルモンでもあるのです。

・メラトニン
脳の松果体(しょうかたい)から分泌されるホルモンです。眠りを誘う働きがあり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれます。
また、細胞の新陳代謝を促し、疲労を回復する働きがあるといわれます。

・コルチゾール
副腎皮質から分泌されるホルモンで、炎症を抑える働きがあります。その働きから、炎症による老化を抑える作用があると考えられています。
また、ストレスを受けると分泌が増えることから「ストレスホルモン」とも呼ばれています。

10973.jpg


●ホルモンをよく働かせるための睡眠とは

成長ホルモンの分泌が最も活発になるのは、寝ついてから最初の3時間ほどの深い眠りのときだといわれます。

また、メラトニンは夜間に多く分泌され、逆にコルチゾールは起床前に分泌が多くなります

メラトニンとコルチゾールは、体内時計の一日のリズムを整える働きがあるホルモンでもあります。

したがって、これらのホルモンが体に有効に働くためには、良質な睡眠をとることが大切になります。

規則正しい生活リズムを守り、十分な時間の睡眠をとることを心がけましょう。

なお、夜に睡眠を促すメラトニンの分泌は光で調節されており、強い光を浴びると分泌が抑えられます

就寝前には、テレビやパソコンなどの使用は控え、目覚めたら、しっかり日光を浴びましょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

がん検診で「陽性」と判定されたらどうする?





●がんは早期発見・早期治療で治る病気に

みなさんは、がん検診を受けていますか?

がんは、いまや日本人の2人に1人がかかる、というほど身近になった病気

しかし、早期発見・早期治療で、多くのがんが治るようになってきています。

また、早期にがんを発見できれば、それだけ治療も軽く済むことになります。

がん検診で「異常なし」であれば、なにより安心。ぜひ、定期的に受けることをおすすめします。

10968.jpg


●「陽性」でも実際にがんである割合は低い

そんながん検診には、受ける際にいくつかの注意点があります。

そのひとつが「偽陽性」です。検診で「陽性」の判定が出たけれど、精密検査を受けたら、がんではなかったというケースです。

がん検診で陽性と判定された人のうち、最終的にがんと診断される人は少なく、胃がん検診の場合は1%強、子宮頸がん検診の場合は4%弱という調査結果もあります。

最終的にがんではなかったとしても、「陽性」との判定に「がんなのか」と悩み、精密検査を受けることは、精神的にも肉体的にも大きな負担となります。

もうひとつが「偽陰性」です。これはがんを見逃してしまうことです。

がん検診は、必ずしも100%がんを発見できるわけではありません。

しかし、定期的に検診を受けていれば、がんを発見する確率が高くなるのは明らかです。


●怖がらずに精密検査も必ず受けよう

胃がん、子宮頸がんのほか、乳がん、肺がん、大腸がんの5つのがんは、がん検診によって死亡率を下げることができると、科学的にも証明されています。

一方で、がん検診で陽性の判定を受け、要精密検査となったにもかかわらず、検査を受けないでいる人が少なくないのが現状です。

精密検査までしっかり受けてこそ、がん検診を生かすことができます。


命を守るために、陽性と判定された場合は、怖がらずに必ず精密検査を受けてください。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

便秘薬の頼り過ぎは要注意!





●がまんを繰り返すと便意を感じにくくなる

若い女性を中心に、便秘に悩む人は多いもの。

おなかの張りや痛み、便が硬い、など不快な症状を抱えています。

しかし、便秘を解消しようとして市販の便秘薬を使い過ぎると、かえって排便機能が衰えてしまうことがあるので要注意です。

便秘はさまざまな原因で起こります。強くいきまないと便が出ず、排便後もスッキリしないのは、「直腸性便秘」が考えられます。

便が直腸にたまると、その信号が脳に送られて便意を感じます。しかし、直腸の知覚が低下すると、便がたまっても便意を感じにくくなります。

また、便を肛門まで運ぶ大腸のぜん動機能が低下し、大腸の中に便が長くとどまる「弛緩性(しかんせい)便秘」も多くみられます。

便が大腸の中に長くとどまると、その分、水分が吸収されて硬くなって排泄されにくくなります。

10971.jpg


●薬に頼る前に食事や生活を整えて

便秘の多くは、食生活や生活習慣の乱れによって起こるといわれています。

時間が不規則な食事、水分や食物繊維の不足、運動不足のほか、過度なストレスなども要因になります。

また、便意を感じたらがまんしないようにして、できるだけ「便意ファースト」を心がけましょう。

まずは、毎日朝食をきちんととって生活リズムを整えることが、便秘改善の基本になります。

朝食をとるとその刺激が腸に伝わって動きを活発にし、排便を促す役目をします。

どうしてもつらいときには、補助的に市販の便秘薬を使うことも有効ですが、次のような点に注意しましょう。

市販薬に多い、大腸を刺激して排便を促すタイプの便秘薬は、長期間使うと大腸が刺激に慣れて薬が効きにくくなり、ますます便秘が悪化する恐れがあります。

このタイプは効き目が出やすいのですが、長期間の使用は禁物です。

もうひとつ、効き目は穏やかですが、便の水分量を増やして軟らかくするタイプの便秘薬もあります

薬剤師とよく相談して、適切な薬を選び、利用することをおすすめします。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

脳卒中や心筋梗塞を減らす生活習慣





●脳卒中や心筋梗塞は命や要介護にかかわる

脳卒中や心筋梗塞を減らそうと、日本脳卒中学会と日本循環器学会が2016年12月に5カ年計画を公表しました。

高血圧症や糖尿病といった生活習慣病が進行すると、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる病気や、介護が必要な状態につながる重大な病気の危険性が高まります。

この5カ年計画での全体の大きな目標は、脳卒中と循環器病による死亡率を日本全体で5%減らして、介護を必要とせずに元気に生活できる健康寿命を延ばそうというものです。

10970.jpg


●禁煙・減塩・節酒、そしてしっかり歩く

具体策のひとつが「禁煙」で、喫煙率を5年間で2割低下させ、公共の場での受動喫煙の機会の撤廃をめざします。

喫煙者は禁煙し、そうでない人もできるだけ受動喫煙を避けるようにしましょう。

次の目標は「減塩」です。1日の食塩摂取量を日本全体の平均で2g減らします。

調理での減塩に加えて、成分表示に気を配り、外食などでも減塩を心がけましょう。

「節酒」では、お酒を飲み過ぎる人の10%減少が目標。1日に飲む量を控え、お酒を飲まない日をつくりましょう。

そして「身体活動」では、運動習慣がある人を倍増させ、1日の歩数を平均で1000歩増やします。

1000歩は約10分。今より10分多く歩くようにしましょう。


●高血圧、糖尿病、肥満を減らそう

生活習慣病の改善にも目標が設定されています。

「高血圧」については、収縮期血圧(上の血圧)を平均で2mmHg下げることが目標。

家で毎日血圧を測って、きちんとコントロールしましょう。

増え続ける「糖尿病」患者数を減少に転じさせることも目標です。

食べ過ぎ・運動不足になっていないか、いま一度見直してください。

「脂質異常症」や「肥満症(BMI 30以上)」も5年で10%減少を目指します。

摂取エネルギー過多にならないように、食事内容に気をつけましょう。

そして、脳梗塞のなかでも重症タイプの引き金になる「心房細動」という不整脈は、健診で心電図もチェックして早期発見を促すことになりました。

心電図の検査もお忘れなく。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

肌の老化はここから始まる(3)





●老化の要素のすべてが「ほうれい線」に

ほうれい線は「老け顔」の象徴ともいわれます。

加齢により顔の表情筋が衰え、皮膚を引き上げる力が弱くなるうえ、紫外線や肌の乾燥によって肌の張りや弾力が失われ、ほおがたるんだ結果、ほうれい線ができてくると考えられています。

紫外線、乾燥、筋力の衰え……肌の老化の要素がすべて詰まっているのがほうれい線なのです。

10965.jpg


●表情筋を鍛え、口角を上げるように意識

ほうれい線対策には、紫外線防止や乾燥対策(肌の保湿)を行ったうえで、表情筋のトレーニングを試してみては。

口を閉じたまま、「あ、い、う、え、お(声は出さなくてよい)」と、おおげさに口を動かします。

口の周りの表情筋を大きく動かすことを意識しながら行いましょう。

ほうれい線が気になる人は、口角(口の両すみ)も下がって、への字口になっている傾向があります。

口角の下がりも老け顔の一因となります。

普段から口角を引き上げる、すなわち笑顔でいることを心がけましょう。


●パソコン作業が長い人は要注意?

加齢に加えて、次のようなくせや生活習慣があるとほうれい線が出やすい、あるいは片側にだけほうれい線が強く出て顔がゆがんでみえるようになりやすい、とされています。

当てはまる人は、できるだけ改めるようにしましょう。

・ほうれい線が出やすい…パソコン作業が長い人。画面に向かうために頭が前に傾き、ほおの筋肉が垂れ下がる。

・片側のほうれい線が強く出やすい…いつも同じほうを下にして寝る習慣がある人、ほおづえをつく習慣がある人、片側ばかりでかむ人、など。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

肌の老化はここから始まる(2)





●乾燥で肌のターンオーバーが乱れる

肌の老化の大きな原因は紫外線ですが、乾燥も肌の大敵です。

肌は深部の基底層というところの細胞増殖によって、常に新しく生まれ変わっています。

これを「ターンオーバー」といい、肌は約1カ月のサイクルで生まれ変わります。

しかし、肌が乾燥するとこのターンオーバーのサイクルが乱れ、肌の最も表面の古くなった角質層がはがれ落ちなくなります。

すると、肌の表面は弾力をなくし、厚く硬くなって、細かい亀裂が入るようになります。これがシワとなってあらわれます。

10965.jpg


●コラーゲン、エラスチン不足でシワやタルミが

また、肌の奥の真皮には、肌の弾力を維持する働きがあるコラーゲンやエラスチンが含まれています。

しかし、これらの成分を産み出している細胞の働きは、乾燥によって低下してしまいます。

すると、コラーゲンやエラスチンが不足して肌の張りが失われ、シワやタルミの原因となってしまうのです。

そのような状態では肌表面のバリア機能も低下し、外部からの刺激を受けやすくなって、いっそう乾燥が進むという悪循環に陥り、老化も乾燥も進んでいくわけです。


●保湿のあとは油成分で覆って蒸発を防ぐ

乾燥による肌の老化を防ぐには、保湿を中心とした毎日のスキンケアが重要です。

乾燥でバリア機能が低下した肌をゴシゴシこすってしまうと、乾燥による老化をいっそう進めてしまいかねません。

洗顔などの際はこすらずに、洗顔料の泡でやさしく包むようにして洗いましょう。

そのあとは、肌に水分を補給したら、クリームなどの油成分で覆って水分の蒸発を防ぐようにしましょう。

肌の乾燥防止のためには、部屋の湿度管理にも気をつけましょう。

加湿器の利用や濡れたタオルをかけたりして、50%程度の湿度を維持したいものです。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

肌の老化はここから始まる(1)





●肌の老化の80%は紫外線の影響によるもの

肌の老化を進める最大の原因は、紫外線といわれます。

肌の老化のうち、加齢による老化は20%程度であり、80%が光老化、すなわち紫外線の影響によるもの、との指摘もあるほどです。

シミ、シワ、タルミといった肌の老化のしくみを理解してしっかりガードし、いつまでも若々しい肌を守りましょう。

10965.jpg


●DNAを守るための「メラニン」がシミに

紫外線は波長によって3つに分けることができ、波長の長いほうからUV-A、UV-B、UV-Cと呼ばれます。

このうち地上に達して、肌に影響を与えるのはUV-AとUV-Bで、光老化を進めるのは主にUV-Aです。

UV-Bは日焼けや免疫力低下に関係すると考えられています。

紫外線が当たった肌は、肌内部のDNAを守るために、肌の表面にメラニンという色素を集めます。

いわばメラニンでフタをするというようなイメージですが、このメラニンの集まりがシミとなるのです。

紫外線が肌のさらに奥の真皮にまで達すると、肌の張りを保つ働きがあるコラーゲンやエラスチンを変性させて、シワやタルミをできやすくします。

真皮にまで直接届くのはUV-Aで、UV-Bはコラーゲンを壊す酵素の働きを活性化させて、やはりシワができる原因になるといわれています。


●日傘や帽子で早め早めの紫外線対策を

光老化を抑えるには、当然、紫外線をしっかり防ぐことです。

帽子や日傘の利用、衣類の工夫などで、早め早めの紫外線対策をとりましょう。

日焼け止めも活用しましょう。

光老化の中心はUV-Aであることを踏まえ、UV-A防止効果を示すPA分類(+から++++まで)をチェックし、使用する場所や時間帯に合った、適切な日焼け止めを選んでください。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

成人の8人に1人が……増える慢性腎臓病(2)





●健診で尿たんぱく異常は必ず再検査を!

腎臓の働きが少しずつ低下していく「慢性腎臓病(CKD)」。CKDがやっかいなのは、進行してから初めて気づく人が多いこと。

最初のうちはほとんど症状はありませんので、早期発見のためには定期的な検査が欠かせません。

腎機能の異常は、健康診断や人間ドックなどで行われる、尿たんぱく検査でわかります。

この検査で異常が疑われたら、必ず詳しい検査を受けてください。

精密検査では、血液中のクレアチニン(老廃物の一種)濃度を調べる、血清クレアチニン検査などが行われます。

また、糖尿病がある人では、糖尿病性腎症の早期発見に役立つ、アルブミン(たんぱく質の一種)を調べる、微量アルブミン尿検査も定期的に受ける必要があります。

尿の色や泡のたち方などが、腎機能の異常を知らせるサインのことがあります。

尿の状態に変化があるときは、早めに泌尿器科などを受診して検査を受けることが望まれます。

10962.jpg


●生活習慣の改善が予防対策の最重要課題

腎臓は加齢とともに機能が低下するので、誰でもCKDを発症する可能性があります

予防のためには、若いうちから、原因となる恐れがある生活習慣を改めることが大切です。

そのポイントは、血圧を上げる塩分のとり過ぎを抑え、肥満がある人は適正な体重を保つこと。

適度な運動を習慣にし、たばこはきっぱりやめましょう。

すでに生活習慣病がある人は、その病気が腎機能を低下させ、腎機能の低下が元の生活習慣病をさらに悪化させるという悪循環に陥りがちです。

腎機能のチェックを続けながら、持病の生活習慣病の治療もきちんと受けるようにしましょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

成人の8人に1人が……増える慢性腎臓病(1)





●発症には生活習慣が関係

近年、増加が懸念されている生活習慣病のひとつに「慢性腎臓病(CKD)」があります。

CKDとは、腎臓の働きが長期間にわたって少しずつ低下していく病気の総称で、日本腎臓病学会によると、現在、日本には約1,330万人もの患者がいると推計されています。

これは成人の8人に1人に相当します。

CKDは知らないうちに進行し、気づいたときには、すでに重症化していることもあり、早期に気づくことが大切です。

腎臓は血液中の老廃物を取り除き、きれいにする働きを持っています。

その機能が低下するCKDを招く病気には、糖尿病性腎症、腎硬化症、慢性糸球体腎炎などがあります。

CKDの発症には、糖尿病や高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病、喫煙、肥満などが関わっているとされます。

これらは動脈硬化を促進し、毛細血管の集合体を中心とする腎臓の働きを障害します。

とくに最近では糖尿病による糖尿病性腎症、高血圧による腎硬化症からCKDを発症する人の増加が報告されています

これらの病気からCKDになると、糖尿病や高血圧が悪化して、ますます腎機能が低下するという悪循環に陥ります。

10962.jpg


●むくみや多尿があらわれたときはすでに進行

CKDの初期には、ほとんど症状があらわれません。

むくみやだるさ、吐き気、夜間多尿、食欲不振などの症状があらわれるのは、CKDが進行してからです。

さらに進行して腎臓が機能しなくなると腎不全に陥り、生命を維持するために人工透析が必要になります。

CKDの影響は全身に及び、脳卒中や心筋梗塞などが引き起こされるリスクも高まります。

CKDを少しでも早く見つけるためには、定期健康診断や人間ドックを利用して、腎機能がわかる尿検査などを受け続けることが大切です。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。