FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺がんは女性の割合が多い





●甲状腺がんの生存率は非常に高い

「甲状腺がん」は、男性よりも女性に多く発症するがんです。

甲状腺がんにかかる割合は、男性は10万人あたり5.6人に対して、女性では16人と、男性の約3倍にもなっています。

また、治療成績がよく、がんにかかっても生存率が非常に高いことも特徴です。

甲状腺がんの10年生存率は男性で87.1%、女性で94.8%とすべてのがんのなかで最も高く、治療によって命を救える可能性が高いことがわかっています(国立がん研究センターがん対策情報センター「最新がん統計」2016年8月2日より)。

甲状腺は、のど仏のすぐ下にある小さな臓器で、全身の新陳代謝や成長促進に関わる甲状腺ホルモンを分泌しています。

ここにできる悪性の腫瘍が甲状腺がんです。甲状腺がんは「乳頭がん」「濾胞(ろほう)がん」「髄様(ずいよう)がん」「未分化がん」の4つに大きく分けられます。

10947.jpg


●約9割を占める乳頭がんは、進行がきわめて遅い

甲状腺がんの約9割を占めるのが乳頭がんです。40-50代の女性に多く、進行はきわめてゆっくりです。

リンパ節への転移がみられることがありますが、リンパ節を含めた切除手術でほとんどが完治する、おとなしいがんといわれています。

次に多い濾胞がんも、進行はゆっくりで性質はおとなしいのですが、ほかの臓器に転移することがあります。

一方で、髄様がんは進行が速く、リンパ節や離れた臓器に転移しやすいとされています。

未分化がんも進行が速く、甲状腺の周りの臓器や離れた臓器に転移しやすい、悪性度の高いがんといわれています。


●首の硬いしこりは異常のサイン

甲状腺がんの初期にはほとんど症状がありませんが、進行すると声のかすれやのどの違和感、首のリンパ節の腫れなどがあらわれることがあります。

がんが大きくなって首に硬いしこりを感じ、異常に気づくことが多いといわれています。

甲状腺の治療には、手術、放射線療法、薬物療法などがありますが、基本は手術とされています。

がんの種類や病状に応じて治療が行われますが、まだ治療法は統一されていないのが現状のようです。

早く気づけば治る可能性が高いがんなので、声やのど・首などに異常を感じたら、早めに検査を受けるようにしましょう。



スポンサーサイト

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。