FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行期を乗り切るインフルエンザ対策





●主な感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」

気温が低く乾燥しがちな冬から春にかけては、インフルエンザの流行期。

インフルエンザの主な感染経路は「飛沫(ひまつ)感染」と「接触感染」です。

飛沫感染とは、感染者の咳やくしゃみなどでウイルスを含む飛沫(細かいしぶき)が飛び散り、そのウイルスを別の人が吸い込んで起こる感染です。飛沫が飛ぶ距離は、1-2mとされています。

一方、接触感染とは、手で触れた物などを介して起こる感染です。

感染者が咳やくしゃみをするときに押さえた手にウイルスがつき、その手で物に触れると、そこにもウイルスがつきます。

さらに、別の人がそれに触ると手にウイルスがつき、その手で口や鼻を触ることでウイルスが感染していきます。

接触感染の原因となるのは、ドアノブやスイッチ、バスや電車のつり革など、多くの人が触れるところです。

10886.jpg

●予防対策には「手洗い」と「うがい」

インフルエンザウイルスの感染経路を考えると、予防には「手洗い」や「うがい」が有効であることがわかるでしょう。

ていねいな手洗い習慣は、手についたウイルスを洗い流して、ウイルスが体内に侵入するのを防ぎます。

また、口から入ったウイルスは、のどの粘膜から侵入しようとします。

うがいはのどの乾燥を防いで、ウイルスの侵入を防ぐ機能を助ける効果があります。

インフルエンザの最も効果的な予防法は、ワクチン接種です。

ワクチンは、その年ごとに流行するインフルエンザの型を予測してつくられます。

ただし、ワクチンの効果があらわれるまで接種後2週間ほどかかるため、流行期の前に接種を済ませておくことが肝心です。

ワクチンを接種しても、100%の予防効果は望めません。

しかし、ワクチンを接種していれば、インフルエンザを発症したとしても、重症化を防ぐことができるとされています。



スポンサーサイト

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。