FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車中泊のリスクを減らすコツ





●避難所や車中泊で起こりやすいエコノミークラス症候群

大きな災害後などには、車中泊をせざるを得ないケースも出てきます。

車中泊で気をつけなければいけないのは、脚の静脈にできた血栓が血流にのって移動し、肺の血管を詰まらせる「エコノミークラス症候群」です。

エコノミークラス症候群は、強いストレスを感じる、長時間脚を動かさない、水分不足などで起こりやすくなります。

これらすべてにあてはまりがちな避難所生活は要注意であり、車中泊ではいっそう起こりやすくなるといわれています。

災害への備えのなかに、次のような工夫を加え、車中泊のリスクを減らしましょう。

10888.jpg


●体が伸ばせるようにシートの間を埋める

車の中で体が十分に伸びない状態で横になっても、なかなか熟睡できません。

古着やタオル、段ボールなどを使って、車のシート間のすき間を埋め、デコボコをなくすようにします。

窓はレジャーシートや衣類などで覆って、プライバシーを確保。いつでも見られる恐れがあるのはストレスにつながります。

また、トイレを気にして水分を控えがちにならないように、携帯トイレも準備しておきましょう。

エコノミークラス症候群は、ふくらはぎなどの脚の静脈の血流が滞ることから起こります。

予防に有効とされる、弾性ストッキングを用意しておくのもおすすめです。


●ストレス解消、運動、十分な水分補給を

避難生活の間は、とくに水分をしっかりとって、昼間は脚を中心にこまめに体を動かすことが大切です。

ストレス解消も兼ねて、しっかりウオーキングをすれば、ふくらはぎを刺激して、血栓予防に有効です。

脚を中心に体を動かさない生活をした後、脚のむくみや痛み、胸の痛みや息苦しさ、動悸、脈の乱れなどを経験したら、エコノミークラス症候群が疑われます。すぐに医療機関を受診しましょう。

一度できてしまった血栓は溶けずに残ってしまう場合もあり、何カ月もあとになって血流にのって移動する恐れがあることを忘れないでください。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

若い女性は運動不足―意識して体を動かそう





●女性は仕事や子育てで運動離れに?

適度な運動が健康づくりに効果があることは、誰でもご存知のことでしょう。

国が行っている調査では、体力の衰えを実感する中高年世代から運動・スポーツの実施状況が上向く一方で、若い世代での低さが目につきます。

とくに、男性に比べて女性にその傾向が強く、若い女性の運動不足が心配されます。

スポーツ庁が公表した「平成27年度体力・運動能力調査」では、運動・スポーツについて週1回以上の実施状況を、30年前(1985年)と比較しています。

それによると、どちらも小・中学時代をピークに、実施率は低下しているとのことです。

男女別にみると、男子では30年前と大きな変化は少ないものの、女子では10代後半から20代の若い世代で大幅に減少しているのが目立っています。

この理由については、10代では思春期の女性特有の身体的変化から運動を避け、20代では仕事や子育ての忙しさが運動離れを助長しているのではないかとみられています。

10848.jpg


●日常動作でもうっすら汗ばむくらいに

若いうちからの運動習慣は、将来の健康のためにも重要なこと。そうはいっても、忙しいなかで運動のためにまとまった時間をとるのは難しい、という事情もあることでしょう。

そんな人には、日常の生活動作を活発にすることがすすめられています。

そのポイントは、うっすら汗ばむくらいの日常動作を積み重ねていくことであり、次のような例があります。

・通勤や職場で…通勤や職場内の移動は少し速めに歩く、階段を使う、立ったままできる仕事は立って行う、書類整理も立って行う
・家庭で…自転車に乗る、手やひざをついて床・浴室・浴槽を磨く、掃除機をかける、犬を散歩させる、ベッドのシーツ交換をする、子どもと活発に遊ぶ

どれも難しいことではありません。普段から、活発に動く意識を持ち続けて、運動不足の改善を目指しましょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

市販薬の上手な使い方、活かし方





●症状がよくなっても病気が治ったわけではない

「体調不良だけど、病院へ行くほどでもない」、そんなときには薬局で買える市販薬が便利です。

ただし、むやみに使っていると、かえって病状をこじらせたり、新たな体調不良の引き金にもなりかねません。

市販薬の使い方をよく知り、正しく使いましょう。

よくある市販薬の間違った使い方は、痛み止めなどを長期間使い続けてしまうケースです。

薬を購入するときに薬剤師に使い方を聞いて、使用回数や日数をきちんと守ってください。

また、数日間使っても症状が改善しない場合は、医療機関を受診しましょう。

気をつけたいのは、市販薬で症状を抑えることと、病気そのものが治ることは別である、ということです。

たとえば、胃の痛みを市販薬で抑えられても、痛みの原因になっている胃の病気が治ったことにはならないのです。

市販薬で急場をしのいだら、後日、きちんと医療機関を受診して、根本的な治療を受けることが大切です。

10890.jpg


●市販薬には有効成分が広く入っている

次は市販薬の活用法です。市販薬は一般の人の判断で使えるように、病院で処方される医療用の薬と比べると有効成分が弱めになっています。

一方で、少しずつでもさまざま有効成分が入っているのが特徴です。

風邪の場合、医療機関では解熱剤や咳止めなど、特定の効果を持つ薬がそれぞれ処方されます。

しかし、市販の総合感冒薬なら、一般的にこれらの有効成分が一つになっているのです。

気をつけるべきところは気をつけ、便利なところはしっかり活用して、毎日の健康管理に市販薬を取り入れてみてはどうでしょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

ホッと温まる「足浴・手浴」のススメ(2)





●1杯の粗塩が温度低下を緩やかに

足浴、手浴の温め効果やリラックス効果をさらにアップさせる方法があります。

手軽なのが、塩です。スプーン1杯ほどの塩を加えることで、お湯が冷めにくくなります。

ほかにも、みかんやグレープフルーツの皮、日本酒、パセリの葉などでも、お湯の保温効果アップが期待できます。

10885.jpg

●好みの精油で効果アップ

ワンランク上の足浴、手浴を楽しむなら、アロマテラピー用の精油(エッセンシャルオイル)がおすすめです。

好みの香りの精油を数滴お湯にたらすと、よりリラックスできるでしょう。

精油の種類によって、温め効果やリラックス効果、リフレッシュ効果などが期待できますので、自分の好きなものを探してみてください。

ただし、肌の弱い人は、オイルが皮膚に直接つくと、赤くなったり、ヒリヒリすることもありますので気をつけて。洗面器に2、3滴が適量です。

足や手をお湯につけながら、好きな音楽を聞いたり、足湯なら本を読んだりするのもおすすめです。


●アフターケアも忘れずに

足浴、手浴で温まったあとの手足のケアも大切です。

濡れたままにしておくと、水分が蒸発するときに熱が奪われてしまいます。

また、足はもともと皮脂の分泌が少ない部位ですし、お湯で手の皮脂も落ちてしまいます。

足浴、手浴のあとはすぐに水気をふき取り、保湿クリームなどでケアしたら、靴下や手袋で保温しましょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

ホッと温まる「足浴・手浴」のススメ(1)





●足や手を温めるだけで全身ポカポカ

寒い季節はお風呂で温まるのが一番! でも、寒いからといって、一日に何度も入るというわけにはいかず、体調が悪くて入れないときもあります。

そこでおすすめなのが、「足浴」や「手浴」などの部分浴です。温泉地などで、「足湯」を楽しんだことがある人も多いでしょう。

全身お湯につからなくても、手や足を温めると、手足の血管が広がって血行がよくなります。

また、温められた血液が全身をめぐるので、体全体もポカポカと温かくなるのです。

ほかにも、手や足を温めることは、疲労回復やむくみの改善にもよいとされています。

10885.jpg


●42-43℃の熱めのお湯に10分ほど

足浴は、深めで足先が伸ばせる大きさの容器で行います。

お湯の量はくるぶしの上までつかるくらいでよいのですが、バケツ大の容器でふくらはぎまでつかると、さらに効果的。

温度は熱めの42-43℃くらいで、上半身を十分に温かくしたうえで10-30分ほどゆっくり温まりましょう。

徐々にお湯が冷めてきますから、近くに熱いお湯を準備しておくとよいでしょう。

足だけでなく体が温まってきたら、汗をかく前に上着を1枚脱ぐなどして調節してください。

入浴後でも、寝る前に足浴をすると、足の冷えが解消されてぐっすり眠れます。

手浴も42-43℃のお湯で、できればひじまでつけるのが理想的ですが、手首まででもOK。

洗面器や洗面台がおすすめです。手も10分くらいつけるとよいでしょう。

寒い季節はもちろんのこと、夏に冷房で体が冷えたときにも足浴、手浴はおすすめです。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

流行期を乗り切るインフルエンザ対策





●主な感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」

気温が低く乾燥しがちな冬から春にかけては、インフルエンザの流行期。

インフルエンザの主な感染経路は「飛沫(ひまつ)感染」と「接触感染」です。

飛沫感染とは、感染者の咳やくしゃみなどでウイルスを含む飛沫(細かいしぶき)が飛び散り、そのウイルスを別の人が吸い込んで起こる感染です。飛沫が飛ぶ距離は、1-2mとされています。

一方、接触感染とは、手で触れた物などを介して起こる感染です。

感染者が咳やくしゃみをするときに押さえた手にウイルスがつき、その手で物に触れると、そこにもウイルスがつきます。

さらに、別の人がそれに触ると手にウイルスがつき、その手で口や鼻を触ることでウイルスが感染していきます。

接触感染の原因となるのは、ドアノブやスイッチ、バスや電車のつり革など、多くの人が触れるところです。

10886.jpg

●予防対策には「手洗い」と「うがい」

インフルエンザウイルスの感染経路を考えると、予防には「手洗い」や「うがい」が有効であることがわかるでしょう。

ていねいな手洗い習慣は、手についたウイルスを洗い流して、ウイルスが体内に侵入するのを防ぎます。

また、口から入ったウイルスは、のどの粘膜から侵入しようとします。

うがいはのどの乾燥を防いで、ウイルスの侵入を防ぐ機能を助ける効果があります。

インフルエンザの最も効果的な予防法は、ワクチン接種です。

ワクチンは、その年ごとに流行するインフルエンザの型を予測してつくられます。

ただし、ワクチンの効果があらわれるまで接種後2週間ほどかかるため、流行期の前に接種を済ませておくことが肝心です。

ワクチンを接種しても、100%の予防効果は望めません。

しかし、ワクチンを接種していれば、インフルエンザを発症したとしても、重症化を防ぐことができるとされています。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

花粉症を抑えるポイントは早めの対策





●初期療法で花粉症の症状を軽くしよう

厳しい寒さが続く冬には、暖かい季節が待ち遠しいものです。

しかし、毎年、花粉症に悩まされている人は、「また、つらい季節がやってくる」と、憂うつなのでは?

そんな人は、早めに花粉症対策を始めましょう。花粉が飛び始める前から、あるいは症状が出た直後から治療を始めることを「初期療法」といいます。

初期療法を行うことで、症状が出始める時期を遅らせたり、また症状の程度も軽くしたりできることが明らかになっています。

さらに、症状が治まる時期も早くなるため、結果的に使う薬の総量を減らすことにもつながります。

10883.jpg

●花粉が飛び始める1週間前から治療開始

初期療法は、重症の人は花粉が飛び始める1週間前から、軽症の人は症状が出たらただちに始めることが望ましいとされています。

まずは、テレビや新聞、インターネットなどで発表される情報をチェックし、自分が住んでいる地域で、花粉がいつ飛び始めるのかを調べましょう。

そして、早めに医療機関や薬局で相談して、自分の症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、など)や、程度に合った薬を使うことをおすすめします。

スギの場合、花粉が飛び始める時期は、九州や関東では例年1月下旬ごろ、関西では2月上旬ごろです。

ただし、地域による違いのほか、その年の気候によっても、花粉の飛散開始時期は違ってきます。

なお、初期療法を行うことで、花粉症シーズンに入っても症状が出なかったり、軽い症状で済んだりしていたとしても、薬をやめてしまうと、症状がひどくなることがあります。

決められた正しい方法で、薬の使用を続けるようにしてください。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

冬に流行! 子どもの感染症(2)





●発熱とのどの痛み、赤い舌は「溶連菌感染症」かも

冬に流行する感染症で、子どもに多いのが「溶連菌感染症」。溶連菌とは、溶血性連鎖球菌の略称です。

5歳から14歳ぐらいの子どもに多くみられますが、大人でもかかることがあります。

一年を通して感染がみられますが、空気の乾燥する冬には患者が多くなります。

溶連菌がのどに感染すると、突然の発熱や強いのどの痛みに加えて、嘔吐(おうと)や、舌の表面がいちごのようにブツブツと赤く腫れる苺舌(いちごじた)、リンパ節の腫れなどがあらわれます。

また、全身や体の一部分に赤い発疹があらわれることがあります。

風邪と間違われやすいのですが、咳や鼻水はみられません。

適切な治療を受けないと、リウマチ熱や急性腎炎といった合併症を引き起こす恐れがあるので、病気が疑われたら早めの受診が欠かせません。

10882.jpg


●薬は決められた期間、飲み続けるのが鉄則

治療は抗菌薬の服用です。症状が治まったらからといって薬を飲むのをやめると、菌をすべてやっつけることができずに、合併症を引き起こす恐れがあります。

医師の指示を守って、菌がなくなったことが確認できるまで、きちんと薬を服用してください。

溶連菌感染症予防のためのワクチンはないので、家庭内での予防対策が重要になります。

溶連菌は、主に咳やくしゃみによって人から人へとうつる飛沫(ひまつ)感染でうつります。

予防のためにはインフルエンザ予防と同様に、手洗いやマスクの着用、うがいなどがすすめられます。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

冬に流行! 子どもの感染症(1)






●嘔吐と下痢を繰り返す「ロタウイルス」

冬に流行する感染症として、ノロウイルスやインフルエンザがよく知られています。

ほかにも、子どもがかかりやすい感染症があり、子どもを守るためには病気についてよく知っておく必要があります。

発熱にともなって、激しい嘔吐(おうと)や下痢が起こったときは、「ロタウイルス」に感染している可能性があります。

例年12月ごろから患者が増え始め、春先にかけて流行のピークがみられます。

ロタウイルスは、5歳ごろまでにほぼすべての子どもが感染するとされます。

突然の発熱と激しい嘔吐で始まり、水のような下痢も起こります。

下痢がひどくなると、便が白くなることがあります。

重い脱水症になる危険性が高く、腎不全や脳症などの合併症が生じることもあります。

10882.jpg

●ワクチン接種で重症化と合併症を防ぐ

ロタウイルスは、主に患者の便に含まれたウイルスが、手を介して口から入ることで感染します。

初めて感染したときが最も重症化しやすく、感染を繰り返すたびに症状は軽くなっていくのが一般的です。

治療のための特効薬はなく、対症療法となります。

自己負担になりますが、生後6週から、飲むタイプのワクチン接種を受けることもできます。

このワクチンにより、重症化や合併症を防ぐことができるとされています。

ただし、受けることのできる期間は短いので、早めに医師に相談することが望まれます。

ロタウイルスは感染力が非常に強いため、予防は難しいのが現状です。

それでも、乳幼児のいる家庭では、感染予防のためにおむつ交換時の手洗いや、オムツの適切な処理の徹底が望まれます。

汚れた衣類などはすぐに消毒をして、常に清潔を保つようにしましょう。



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

寒い冬は「肩こり」悪化の季節





●筋肉がこわばり血流が悪化して肩こりに

「肩こり」は、日本人が自覚する体の不調のトップクラスといわれます。とりわけ、寒い季節には多くの人を悩ませているようです。

肩の関節を取り巻く筋肉に負担がかかって疲れがたまり、筋肉がこわばった状態になって起こるのが肩こり。

一般的な肩こりは、日常生活のなかに原因があるといわれます。

典型的な例が猫背で、顔やあごを前に突き出す姿勢のために首や肩の筋肉に負担がかかって、肩こりが起こりやすいのです。

筋肉がこわばると、中を通る血管が圧迫されて血流が悪くなるため、筋肉への酸素や栄養の補給が低下して老廃物や疲労物質も蓄積しやすくなります。

それによって肩こりが悪化するという、悪循環に陥ることに。

10881.jpg

●寒さにすくむ体や、重ね着も負担に

冷え込む季節は、肩こりを助長する悪条件が揃っています。

寒さに首をすくめて体が縮こまると、首や肩に余分な力が入って筋肉もこわばりがちに。

防寒のための厚着も首や肩の負担を大きくします。

また、冷えによる血行の悪化や、寒さから運動不足になることなども、肩こりの一因になります。


●あごを引いて背すじを伸ばす

肩こりを予防するために、まずは姿勢を正しましょう。

猫背にならないように、あごを引いて背すじを伸ばした姿勢を心がけてください。

ときどき、肩周りの筋肉や肩関節をほぐすストレッチ運動をすることも有効です。

衣服は、冷えを防ぐことも大切ですが、大きく腕を回せるようなものがおすすめです。

入浴時には、ぬるめの湯にゆっくりつかったり、シャワーで熱めの湯を肩にあてるなどして、肩のこりをほぐしましょう。




テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。